コロナ禍、感染者数が高止まりしているような状況(9月2日現在)

ずっとこんな状況が続いていて・・・今年、旅する事が出来るのでしょうか・・・

4月以降、過去の散策記事を再掲載させて頂いていますが
この作業にも飽きてきています

第12弾は、2015年12月19日の栃木県への日帰り散策
です

サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「特別公開へ」(再)のトップ記事は
こちら


特別公開の場所です

151219091040z2.jpg

151219091040
大谷資料館の内部にある「教会ゾーン」
特別公開の場所です

天井に開いた箇所から光が射し込みますが
その先にも採掘跡が残る壁が見えます

このゾーンの上部にある部屋だったのでしょうか

この地下空間は横に広がるだけでなく、天井や床を隔てて
上部階、下部階が存在しているのかもしれません

151219090900z2.jpg
151219090900
教会ゾーンへの前室となる広場にはクリスマスイルミが広がります

これはこの時期だけの演出ですね


151219091136z2.jpg

151219091136
偶然の産物なのでしょうか・・・

十字架をかたどっている訳ではないのですが
「教会」の雰囲気を醸し出しています


151219091250z2.jpg
151219091250
壁面の赤と緑のライトアップ・・・
もしかして、クリスマスをイメージ?

151219091323z2.jpg
151219091323
巨大な大谷石の壁・・・その壁には更に先へ掘り進んだのか?
それとも、この空間を掘る入口だったのか?

壁の上部に坑口がぽっかりと開いています

151219091340z2.jpg

151219091340
「教会ゾーン」への入口に設置されている
「假屋崎省吾」さんの作品

通常公開の際は、写真左手側から見る形で、
作品手前でロープが張られて、進入禁止になっています

これまで作品の右手側にこのような広い空間があるとは
想像も出来ませんでした


151219091438z2.jpg

151219091438
カメラが光を集めすぎちゃったのか・・・
中央部で光輝いているのは、トナカイのオブジェです

151219091507z2.jpg

151219091507
この空間での結婚式は、着席70名まで・・・だそうです
(それ以上は立ち見)

厳かな雰囲気の中で執り行われます
(昨年4月の結婚式のシーンが
紹介されていました)

ただ、室温が低いのではお早めに・・・
催した場合、地上まで戻らないとなりません


撮影日:2015年12月19日
つづく(全14回)

過去の散策旅シリーズ

12:特別公開へ(全14回)

11:特別見学会へ(全2回)

10:ダム内部 特別開放(全16回)

:京都1day(京都府)(全12回)

:雪見の旅(新潟・長野県)(全33回)

:小海線で散策(長野・山梨県)全26回

:上越国境の散策(群馬県)全19回

:戸隠・信濃大町の旅(長野県)全47回

:碓氷峠界隈を散策(群馬県)全27回

:花と駅と(茨城県)全12回

:山梨・2014さくら(山梨県)全18回

:花咲く道を散策:(群馬県)全10回
関連記事

2020.09.03 


Secret