東京都の陽性発症者数は8月初旬の400人越えから、100~200人台と減少しています

また、10月から
東京でも「GO TO」事業が開始されました
観光地や飲食店では、それなりの人出があるようですね

出かけたい気持ちもあるのですが、「GO TO」事業開始により
再度、感染拡大があるのかどうかも気になっています

現時点で、旅プラン(密になりにくいプラン)は全くの白紙状態なので、
実際に出かけるのはまだ先・・・かと。

もう少し(状況によりですが)の間、過去の散策記事を再掲載させて頂きます


第15弾は、2013年11月09日の神奈川、静岡県への日帰り散策です

サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「水を巡って」(再)のトップ記事はこちら


「新松田」でJRに乗換です

131109070912z2.jpg
13.11.09.07:09.12.
小田急「新松田」駅前です

土曜日の朝7時ちょっとなのにかなりの賑わい
お客さん待ちのタクシーも数台

バス乗り場には、ハイカーの方が行列を作っています
丹沢方面へ行かれる方のよう・・・。


131109mishima02z2.jpg
「小田急小田原」線の線路・・・地図右端から分岐して、
「JR御殿場」線、「松田」駅まで続いている線路をロマンスカーが走行して、乗り入れています


131109070932z2.jpg 13.11.09.07:09.32.
小田急「新松田」駅の向かいにあるJR御殿場線「松田」駅

こちらは小田急との連絡改札の形でメインの駅舎は北側にあります

ここでの接続は19分・・・・充分、余裕がある筈だったのに

何?これ

大勢の学生さんたちが券売機から行列

この御殿場線は御殿場駅から西はSUICA等、交通系ICカードが利用できるのですが
御殿場から東・・・御殿場-松田-国府津の間はICカードが利用できない区間

なので、定期券利用者以外は切符を買わないとなりません

なのに、この兄さんたち

券売機の前で、10円足らん、だれか貸して!とか、いくらなん?って手間取ってるし・・・
運動部系のようで、デカイバッグ背負ってるから、狭い切符売り場で移動するのもままならず

マジで乗り遅れるか?と不安に・・・


131109071110z2.jpg 13.11.09.07:11.10.
ヤキモキしながらも・・・駅名の「JR東海」の表示

東海道新幹線は「JR東海」なので馴染んでいますが
神奈川県で在来線の「JR東海」を看板を見ると不思議な感覚になります

名古屋を中心とした電車がここまで来てるんだ・・・と。


131109071656z2.jpg 13.11.09.07:16.56.
19分の余裕が有ったのが、電車到着まで7分前にホームに辿り着きました
あぶない、あぶない

このホームに「国府津」方面と「沼津」方面の電車が入線します
向かいのホームは「小田急ロマンスカー」の専用ホームです

「松田」駅の標高は63m。山に囲まれていますが
酒匂川の扇状地の起点辺りなので、意外と低い標高。


131109072006z2.jpg 13.11.09.07:20.06.
ホームから・・・「富士山」の姿が見えました

低い雲に覆われている空ですが、ちょうど「富士山」の辺りだけ晴れています

131109072146z2.jpg 13.11.09.07:21.46.
ズームしてみると・・・5合目辺りまででしょうか、雪化粧しています

雪の斜面には朝陽が当たっているようです
静岡県の方は晴れているのかも


131109072209z2.jpg 13.11.09.07:22.09.
「沼津」行きの電車が到着しました

「名古屋」付近でよく見かける色合いのタイプ(313系
2両編成ですが、綺麗な電車です


131109072458z2.jpg 13.11.09.07:24.58.
前面ガラスがカーブしているので、運転室が広く感じます

あの学生さんの集団も乗車し、車内は空席無し
立っている人も多いです

座って車窓の写真が撮れるかな?って期待してたのですが、あえなく・・・。


131109073304z2.jpg 13.11.09.07:33.04.
「松田」駅から2駅め、9分の乗車で「山北」駅に到着しました

下車したお客さんは数人

雲が広がっていて、晴れる気配が感じられません


131109073437z2.jpg 13.11.09.07:34.37.
「山北」駅の標高は109m・・・「松田」駅から46m程、登ってきました

「御殿場線」には、難読駅が多いです
お隣の駅、やが・・・「谷峨」と書きます

昔、この辺りは谷ヶ村と言われたそうです
また、近くには「奥山家古道」(おくやまがこどう)という古道があります。
この「山家」が「谷蛾」に?

撮影日:2013年11月09日
つづく(全20回)

過去の散策旅シリーズ

15:水を巡って(全20回)

14:下栗へ(全17回)

13:と、駅弁1。(全16回)

12:特別公開へ(全14回)

11:特別見学会へ(全2回)

10:ダム内部 特別開放(全16回)

:京都1day(京都府)(全12回)

:雪見の旅(新潟・長野県)(全33回)

:小海線で散策(長野・山梨県)全26回

:上越国境の散策(群馬県)全19回

:戸隠・信濃大町の旅(長野県)全47回

:碓氷峠界隈を散策(群馬県)全27回

:花と駅と(茨城県)全12回

:山梨・2014さくら(山梨県)全18回

:花咲く道を散策:(群馬県)全10回

関連記事

2020.10.15 


Secret