20201129123030a2.jpg
20201129123030
昨日、緑色が残る若芽だけ残して、枯れた蔓を除去した「あさがお」

いずれ、育ちそうな芽を選んで、室内へ・・・と、考えていたのですが

今日は、昨日に比べ、寒さが増してきてて、時間が経過すると
若芽も枯れてしまうかも・・・と急遽、移植をしました
20201129123009a2.jpg
20201129123009
草丈があると、支えが必要となるので、5cmほどの芽、ふたつを選択

枯れてしまった、多肉植物の鉢を流用

以前も、こぼれ種から発芽した、時期外れのあさがおを室内に移して

年を越して、つぼみを開かせる事ができました

しかし、その花が咲くと、徐々にしおれて、1月半ばには枯れてしまいました


室内とはいえ、早朝はかなりの低温になるからかな?と想像・・・

以前も、室内で温室風に覆って、気温低下を少しでも抑えてみるべく

ビニールシートを加工してやってみたのですが、どうにも安定が悪くて・・・。


何か無いかな~~と家の中を探していると

20201129122256a2.jpg
20201129122256
家飲み用のウィスキーボトル

標準サイズじゃ、きりが無いとWサイズからトリプル

さらに4Lから、現在は5Lサイズのペットになってしまいました


で、この太さ、丁度いいのでは?

20201129123332a2.jpg
20201129123332
偶然、飲み切った、空のペットボトルがまだ残っていて、鋏でカット


最初、注ぎ口近くでカット。

で、鉢に被せてみたら持ち手の部分のくびれ部分が窮屈で・・・。

無理に入れようとすると入るのですが、水遣りで抜く際

かなりの力技が必要で、中のあさがおにダメージを与えてしまう危険性もありそう


20201129123317a2.jpg
20201129123317
最終的に、持ち手の部分の反対側を切り取って

半個室風に・・・。

どの程度、寒さを抑えられるか判りませんが、何も無しよりはマシかな?


また直射日光が当たる昼間は、熱気が多少、逃げて、

超高温状態は避けられそう・・・かな?と自己満足




ペットの中、多少、ウィスキーの香りが残っていますが、

何とか、育ってくれると良いのですが・・・

撮影日:2020年11月29日

関連記事

2020.11.29 


Secret