冬の寒波と共に新型コロナウィルスの猛威がすさまじく拡大
大都市圏を中心に感染者数が増大しています

医療現場も切迫した状況となり、関東では緊急事態宣言を発令
当分の間、外出は避けなければならない状況

もう少しの間、過去の散策記事を再掲載させて頂きます

第19弾は、2015年02月21~22日の福島県への
一泊旅です

サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、〇〇は別写真等にリンクさせています


「会津へ雪見」(再)のトップ記事はこちら


「鬼怒川」沿いに進みます

150221093519z2.jpg
150221093519
都内「北千住」駅(標高11m)を出発して約2時間15分・・・
「鬼怒川」温泉街を見ながら走っています

雪見の旅は、昨年に続き2度目
普段、大雪を見る機会が少なく、一度は本場の豪雪体験をと
昨シーズン(2014年)は「新潟・長野」を巡りました(
雪見の旅
(雪国の方には申し訳ありませんが)沢山の雪に大感動
また今年も、と思っていました

で、選んだのが「鬼怒川」経由の「会津」巡り

出発前の妄想では、「鬼怒川温泉」付近では雪煙を上げて電車は進んでいく・・・
筈だったのに「雪」が乏しすぎます・・・

もしかしたら、今シーズンは雪は少なめ?
したら、ここまで何しに来たのでしょう?

150221093922z2.jpg 150221093922
「鬼怒川公園」駅(標高406m)を発車して、「鬼怒川」沿いに走行中
正面の山稜の上に雪山が見えます

方角的に「高原山(たかはらやま)」の主峰「鶏頂山」(1765m)のようです

電車はこの先、「高原山」の西側を抜けていく形・・・写真正面の
山稜の左側をトンネルで越えていきます


150221094025z2.jpg
150221094025
日陰に入ると、線路脇の雪が目立つようになりました

でも、車道(会津西街道)の表面は乾いているみたいですね~


150221094327z2.jpg
150221094327
9時42分、「新藤原」駅(標高420m)に到着しました

この「新藤原」駅は、「東武鬼怒川」線の終点でこの先に伸びる
「野岩(やがん)鉄道」、「会津鬼怒川」線の起点駅です

「野岩鉄道」はここから、福島県にある「会津高原尾瀬口」駅(標高726m)まで
30.7kmの路線・・・「野」は下野国、「岩」は岩代国から1字ずつ取ったそうです

都内から6両で運転してきて「下今市」駅で後部2両を切り離し、ここまで4両で運転。
さらにここで、後部2両を切り離して、この先は2両で走ります


150221094241z2.jpg
150221094241
切り離し作業で2分間の停車中

これから進む方を見ると・・・雪は無し


150221095301z2.jpg
150221095301
しかし、6分ほど走って「川治温泉」駅(標高499m)に着くと
線路の路盤は雪に覆われています

ここで対向列車との待ち合わせ
やってきたのは、会津鉄道の快速列車「AIZUマウントエクスプレス」号

朝8時にJR「会津若松」駅を出発、3時間1分をかけて「東武日光」駅まで行きます
城下町「会津若松」と国際的景勝地「日光」を結ぶ列車があったのですね~

「AIZUマウントエクスプレス」には、この後、乗車予定です

150221095430z2.jpg
150221095430
山間地に入ってきましたが、川幅が広い「鬼怒川」
川の長さから言えば、まだ中流域にあたるのかもしれません

河原には雪が残っていますが、土面も見えてるし・・・


150221095506z2.jpg
150221095506
「川治湯元」駅(標高519m)に到着します
駅のホームはこの高架橋の上

高架橋の上から見えるのは「川治第一発電所」

この水力発電の水は、左側に見える「鬼怒川」からでは無く、ここから北(写真では右方向)へ
約1km離れた所にある「男鹿川」の「五十里(いかり)ダム」の水を引いているそうです

「川治湯元」駅を出るとすぐにトンネルに入ります
「葛老山トンネル」・・・「野岩鉄道」最長のトンネルで長さ4250m

「野岩鉄道」は路線長30.7km、そのうちトンネル延長は17.623km(18箇所)
ちなみに橋梁延長は2.83km(64箇所)
路線の66%がトンネルか橋・・・山岳路線です


150221100015z2.jpg
150221100015
「川治湯元」駅からトンネルを5分走って「湯西川温泉」駅(標高605m)に到着しました

ホームは「葛老山トンネル」の中・・・雨に濡れる事はありませんが、
陽射しで温まる事もありません


150221100050z2.jpg
150221100050
「湯西川温泉」駅で一旦、途中下車
「北千住」駅から2時間38分の乗車でした

電車はこの先、42分かけて「会津田島」駅まで・・・。

始発の「浅草」駅からだと190.7km、3時間31分の鉄道の旅が楽しめます
(乗車券のみで乗れる列車としてはかなりの長距離を走ります)

写真左のバッグ2つ、私のです


150221aizu02z2.jpg

単線、山岳路線の「野岩鉄道」線ですが、直線区間が多く、
各駅停車でも表定速度が50km/hの俊足ぶりを発揮します

撮影日:2015年02月21~22日
つづき(全20回)

過去の散策旅シリーズ

19:会津へ雪見(福島県)(全20回)

18:国道300号線を通って(山梨県)(全18回)

17:京都気分と富士山と(神奈川県)(全21回)

16:晩秋(長野県)(全19回)

15:水を巡って(神奈川・静岡県)(全20回)

14:下栗へ(愛知・長野県)(全17回)

13:と、駅弁1。(埼玉・群馬県)(全16回)

12:特別公開へ(栃木県)(全14回)

11:特別見学会へ(全2回)

10:ダム内部 特別開放(神奈川県)(全16回)

:京都1day(京都府)(全12回)

:雪見の旅(新潟・長野県)(全33回)

:小海線で散策(長野・山梨県)全26回

:上越国境の散策(群馬県)全19回

:戸隠・信濃大町の旅(長野県)全47回

:碓氷峠界隈を散策(群馬県)全27回

:花と駅と(茨城県)全12回

:山梨・2014さくら(山梨県)全18回

:花咲く道を散策:(群馬県)全10回

関連記事

2021.01.12 


Secret