冬の寒波と共に新型コロナウィルスの猛威がすさまじく拡大
大都市圏を中心に感染者数が増大しています

医療現場も切迫した状況となり、関東では緊急事態宣言を発令
当分の間、外出は避けなければならない状況

もう少しの間、過去の散策記事を再掲載させて頂きます

第19弾は、2015年02月21~22日の福島県への
一泊旅です

サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、〇〇は別写真等にリンクさせています


「会津へ雪見」(再)のトップ記事はこちら


雪の中の「大内宿」です

150221150448z2.jpg
150221150448
観光客が歩くメインストリート

基本的に、車の通行は殆どありません
滞在中、見かけたのは、宅急便のトラックと除雪用の車輌のみ

しかし冬場は路線バスも走らないし、マイカーが必須の街・・・
どこを走行しているのでしょうか?

それらの車輌は、このメインストリートに平行して引かれている
家並みの裏側にある道を行き来していました

そちらはきちんと舗装された道です
150221133423z2.jpg
150221133423
軒下に縄で縛られた木片が吊されています
囲炉裏のたき付けの際に使うのでしょうか?


150221143104z2.jpg
150221143104
建物の壁に沿って、すだれ?むしろ?・・・何だっけ

名称がなかなか出てこなくて・・・
「よしず」でした

風雪で、玄関戸が開かなくなるのを防ぐ役割なのだそうです


150221144245z2.jpg
150221144245
家の前に積もった雪・・・さすがにこの量だと水路に流すのも難しいです

150221143231z2.jpg
150221143231
その水路・・・道に雪があっても、確保されています

右手にあるテラス状の所で、お婆ちゃんが
野菜の土を落としたり、道具等を洗ったりしていました

高倉神社前を流れていた水路のように、綺麗な水です


150221143321z2.jpg
150221143321
メインストリート沿いは雪が移動されていますが
横道に入ると、この通り・・・。

雪下ろしに屋根に上がりたくても、軒下に雪がたまって
はしごも架けられない状態みたいですね


150221144006z2.jpg
150221144006
軒下に吊されている「凍み大根」

秋に収穫した大根を茹でて皮をむき、カットしてから
軒先に吊して凍らせています

食べる際は、ぬるま湯で戻して
煮物にしたり炒めたりして食べるそうです

150221144054z2.jpg
150221144054
「大内宿」の煙出しです・・・煙出しには色々な種類があるようです

両側の妻面から排煙する設備が一般的のようですが
こちらの煙出しは屋根中央部に設置、ダブルルーフ状になっています

茅葺き屋根の建物と囲炉裏の組み合わせって意味があるものだそうです
囲炉裏の煙はすぐに排出せずに、屋根裏を巡ってから排煙。

煙の効果で、殺虫、除菌、木材のコーティングがなされ、
建物も長持ちするのだとか

ですが、復元された茅葺き屋根の建物では、火災防止で囲炉裏が使用できず
煙効果が生まれないので耐久性が落ち、耐用年数が減少しちゃうとか

茅葺き屋根の建物は、実際に人が囲炉裏を使って
生活した方が良いのかもしれませんね


150221144538z2.jpg
150221144538
メインストリートから民家裏側にある自動車道へ繋がる道
各戸から車の出入りがあるのでしょうね・・・雪の上に轍が沢山あります

でも、この抜け道は傾斜があって、滑りやすいです


150221144622z2.jpg
150221144622
屋根から下ろした雪が、軒先に迫っています

屋外は晴天で明るいですが、家の中は陽が入らず、
ずっと照明が必要な生活なのかも


150221145017z2.jpg
150221145017
つららの長さは50cmを越えています

この日、快晴で屋根の雪が大分、溶けて、つららにそって滴っています
でも、この後、冷え込む夜を迎えて、またつららが成長するのかもしれません


150221145318z2.jpg
150221145318
右側の建物には、はしごが立てかけられていて
雪下ろしの作業途中のようです

左側の建物は、まず道の上の雪を排除しないと難しそう・・・
道に溜まった雪はショベルカーが来て、どこかへ運んで行きます


150221145708z2.jpg
150221145708
メインストリートの両側を流れる水路と建物の間に
5mほどのスペースがあります

場所によっては除雪車が入れないので、
人手でストリート中央部へ雪を運んでいるのでしょうか

150221145925z2.jpg
150221145925
「浅沼食堂」の入口

石垣の上に雪が積もっているかのように見えますが
夏のシーンを見ると、平坦な庭になっています

150221150152z2.jpg
150221150152
妻面に煙突が出ています

普通なら軒下から外側に伸ばして排煙する筈ですが・・・
豪雪で煙突が埋まってしまう可能性があるのでしょうね


150221150946z2.jpg
150221150946
どの建物にも「落雪注意」との看板が掲示されていますが
上を見ると、軒先から大分、張り出していますね~、雪庇みたい

当たるも運、当たらぬも運


150221151551z2.jpg
150221151551
道の上の雪を、ソリ?で運んでいるお爺ちゃんをよく見かけました

女性陣は食堂、土産物屋を切り盛りしています

若者や働き盛りの男性は、店の仕事の他、大内宿の外で
仕事をされているのかも・・・。

なので、除雪はお爺ちゃんが頑張っているのかな


撮影日:2015年02月21~22日
つづく(全20回)

過去の散策旅シリーズ

19:会津へ雪見(福島県)(全20回)

18:国道300号線を通って(山梨県)(全18回)

17:京都気分と富士山と(神奈川県)(全21回)

16:晩秋(長野県)(全19回)

15:水を巡って(神奈川・静岡県)(全20回)

14:下栗へ(愛知・長野県)(全17回)

13:と、駅弁1。(埼玉・群馬県)(全16回)

12:特別公開へ(栃木県)(全14回)

11:特別見学会へ(全2回)

10:ダム内部 特別開放(神奈川県)(全16回)

:京都1day(京都府)(全12回)

:雪見の旅(新潟・長野県)(全33回)

:小海線で散策(長野・山梨県)全26回

:上越国境の散策(群馬県)全19回

:戸隠・信濃大町の旅(長野県)全47回

:碓氷峠界隈を散策(群馬県)全27回

:花と駅と(茨城県)全12回

:山梨・2014さくら(山梨県)全18回

:花咲く道を散策:(群馬県)全10回

関連記事

2021.01.23 


Secret