冬の寒波と共に新型コロナウィルスの猛威がすさまじく拡大
大都市圏を中心に感染者数が増大しています

医療現場も切迫した状況となり、関東では緊急事態宣言を発令
当分の間、外出は避けなければならない状況

もう少しの間、過去の散策記事を再掲載させて頂きます

第19弾は、2015年02月21~22日の福島県への
一泊旅です

サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、〇〇は別写真等にリンクさせています


「会津へ雪見」(再)のトップ記事はこちら


「会津若松」駅へ向かいます

150222095152z2.jpg
150222095152
JR「只見」線、「七日町(なぬかまち)」駅です

無人のホームに出てみると、正面に「会津磐梯山」(1819m)の姿が・・・
こちらの方が見通しが良いです

「会津若松」から見る「磐梯山」は端正な姿をしていますが
南北側からの姿は一変・・・噴火による崩壊で同じ山には見えない程。

特に「裏磐梯」(北側)はざっくり削られている姿になっています
150222095159z2.jpg 150222095159
駅舎の屋根と同じモスグリーン色のホーム屋根・・・
「七日町」駅のコーポレートカラーでしょうか

屋根と屋根の無い部分のホームには
たっぷり雪が残っています

150222095230z2.jpg
150222095230
ホームの駅名掲示板には蔵の街並みが・・・
次の駅、「会津若松」まで道のりで約1.7km

歩いても20分ほど・・・ここで40分待つ間に着いてしまいます

往路と同じく「七日町通り」を戻る形で歩いていると
「磐梯山」の親父さんとバッタリ

「いい所、あったかね?」に「駅のホームでよく見えました」とやりとり
・・・
挨拶をして別れました

150222100447z2.jpg
150222100447
左奥に、屋根瓦のファミマがある交差点
クロスする道は「日光街道」となっています

「日光街道」・・・前日、「大内宿」~「中山」で通った道も「日光街道」
山を越えて、はるばるここまで来ているのですね~

150222102148z2.jpg
150222102148
アチコチふらふらしながら「会津若松」駅に到着です
やはり、両肩に下げたバック2つが、歩くには邪魔でした

2階建ての低層の駅舎だからか、駅前広場と空が広いです

でも、駅舎自体もやけに長い印象・・・
ホームの長さ分、駅舎になっているのでしょうか


150222102237z2.jpg
150222102237
駅入口に続く歩道横にはSLの動輪が・・・
2000年のSL運行記念と記されています

駅舎の右側には鉄道関連施設とトイレ、
左側には土産物屋、飲食店、コンビニが入っています

お土産を買って、荷物をコインロッカーに預けて、駅付近を散策・・・の
つもりでしたが、駅付近にはめぼしい所は無いのですね~

150222112633z2.jpg
150222112633
何か無いかと歩いていると、「磐梯山」の姿が・・・
悪い癖で、綺麗に見える所はないかと探し回ると公園が。

道はしっかり除雪されていますが、公園はそのまま
またもや膝下まで潜りながらスポットを探しましたが
どうしても電線が入ってしまいます

再び、あてども無く、歩いていると、先の方に「
ステーキ」の看板

あ、肉、食べたい・・・

で、時間は少し早いですが、ランチにしました

150222114415z2.jpg
150222114415
12時前ですが、結構、混雑した店内・・・休日なので家族連れが多い感じ

注文したのは「にんにく焦がし醤油てっぱんステーキ」(150g)
ライス、スープバー付きで1490円

前日、しっかり食べたのはランチだけ

この日は、朝も昼もしっかり、とです

150222121234z2.jpg
150222121234
12時ちょっと過ぎ・・・ランチを終えて、駅に戻ってきました

乗車する列車の発車時刻は12時54分

でも、始発駅だし、少し前から乗車出来るだろう・・・と
コインロッカーから荷物を取り出して、駅ホームへ

跨線橋の上からも「会津磐梯山」の姿がよく見えます

150222122013z2.jpg
150222122013
ホームに降りると若い人がベンチにひとりだけ
乗る人、あまり居ないのでしょうか

何時頃、列車が到着するのかな?とホームの時刻表を見ると
「土・日曜は喜多方~会津若松運転」

そうでした・・・ど忘れしていました

平日は、「会津若松」駅始発ですが、土日は「喜多方」駅始発

本日、ここは途中駅です・・・と言う事は、発車時刻頃の到着
それまでこのホームで待たないとなりません

150222124440z2.jpg
150222124440
35分間、ホームで待って・・・列車が到着しました
快速「AIZUマウントエクスプレス6号」、「鬼怒川温泉」駅行き

気がかりな車内の混雑具合は、ボックス席は殆ど埋まっていましたが
ここで下車する人も多い感じです

150222124727z2.jpg
150222124727
車輌は残念ながら、豪華車輌ではありませんでした

でも、狙っていた進行左側の窓側に着席
(南に向かうので、右側の席は午後、陽当たり&逆光になるとの判断)

乗車率は7割ほどでしょうか・・・12時57分、出発です

150222130130z2.jpg
150222130130
「会津若松」の街並みを過ぎると、雪原が広がります

「会津磐梯山」が目立ちます
会津の象徴のような印象ですね


150222130426z2.jpg
150222130426
「西若松」駅(標高215m)から「会津鉄道」線に入ります

「会津鉄道」線の終点駅「会津高原尾瀬口」の標高は723m
・・・
ここから500m登っていくことになるので、更に雪深くなる筈


150222132359z2.jpg
150222132359
「芦ノ牧温泉」駅を過ぎると、山岳地帯に入っていきます

車窓右側には「若郷湖」が見える景勝地(反対側に座ってしまった・・・)

湖岸からは「大川ダム湖面橋」、この「会津鉄道」、
そして写真上方の「会津若松市道」の3つの橋を見渡せるそうです
こちらで紹介されています)

150222133206z2.jpg
150222133206
「会津若松」駅から37分・・・「湯野上温泉」駅(標高423m)に着きました
昨日、訪れた「大内宿」、「なかやま雪月火」への玄関駅

日曜日だからか、降車客より、乗車客の方が多いようです

150222aizu13z2.jpg

国道118号線から分岐した、「七日町」駅へのストリートは
短いですが、見所豊富でした
撮影日:2015年02月21~22日
つづく(全20回+1回)

過去の散策旅シリーズ

19:会津へ雪見(福島県)(全20回+1回)

18:国道300号線を通って(山梨県)(全18回)

17:京都気分と富士山と(神奈川県)(全21回)

16:晩秋(長野県)(全19回)

15:水を巡って(神奈川・静岡県)(全20回)

14:下栗へ(愛知・長野県)(全17回)

13:と、駅弁1。(埼玉・群馬県)(全16回)

12:特別公開へ(栃木県)(全14回)

11:特別見学会へ(全2回)

10:ダム内部 特別開放(神奈川県)(全16回)

:京都1day(京都府)(全12回)

:雪見の旅(新潟・長野県)(全33回)

:小海線で散策(長野・山梨県)全26回

:上越国境の散策(群馬県)全19回

:戸隠・信濃大町の旅(長野県)全47回

:碓氷峠界隈を散策(群馬県)全27回

:花と駅と(茨城県)全12回

:山梨・2014さくら(山梨県)全18回

:花咲く道を散策:(群馬県)全10回


関連記事

2021.01.31 


Secret