新型コロナウィルスの猛威がなかなか収まりません
日本各地で感染者数が高止まりしている感じ

少し前、「雪見の旅」から復活できればな・・・と思っていたのですが
現状では旅行は無理っぽい様相です


もう少しの間、過去の散策記事を再掲載させて頂きます

第20弾は、2016年01月23~24(25)日の岐阜県への
一泊旅です

サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、〇〇は別写真等にリンクさせています


「雪見の旅・飛騨」(再)のトップ記事はこちら


「下呂」駅を出発します

160123102157z2.jpg 160123102157
「ワイドビューひだ3」号は「下呂」駅を発車

「飛騨川」の対岸には温泉街が広がります・・・地図
A
まだ時間帯が早いからか、「下呂温泉」で下車する人は僅か、大部分が
「高山」駅へ向かいます(乗車している編成は、次駅の「高山」で切り離されます)

「下呂」駅の標高は約370m・・・ここからは北上しつつ、標高も上がっていきます
それにつれて、雪の量も
増えてきます・・・地図
B
160123103158z2.jpg 160123103158
「下呂」駅から約100mほど標高の高い「上呂」駅を通過(標高460m)・・・地図C

「飛騨川」に沿って、北から東へ向きを変えて
ジグザグに進行中(地図D

「飛騨宮田」駅(標高約490m)を過ぎると
飛騨川沿いも次第に人家が少なくなってきます(地図
E

160123103701z2.jpg
160123103701
「東上田ダム」です ・・・地図F
「飛騨川」本流にはダムが13か所設置されているそうです

冬場は渇水期のイメージがありますが、放流しています
暖冬の影響で水量も多いのでしょうか

ダム湖の脇には、「飛騨」の山中から運び出された丸太が
山積みにされています(地図G

飛騨小坂駅(地図H)を通過し、「第12益田川橋梁」(地図I)を渡ると
次第に谷が狭まってきます

160123104023z2.jpg
60123104023
「国道41号」の橋は、「門坂(かどさか)大橋」(地図J)
いよいよ難所に入っていきます

積雪(地図K)はまだ少な目ですが、線路の路盤は見えなくなっています

第17益田川橋梁(地図
L)から集落が見えます・・・間もなく「渚」駅

列車は、「下呂」市から「高山」市に入っています


160123104435z2.jpg
160123104435
車の往来が少ない道は凍りついているようです・・・滑りそう

先の方にかかる赤い橋の辺りが「渚」駅

深い山中なのに、何故「渚」という駅名・・・
「猪」を書き間違えた」という地元の俗説があるとか


160123104523z2.jpg
160123104523
「第18益田川橋梁」(地図M)、「第19益田川橋梁」(地図
N)を渡ります

山深い風景が続きます

160123105006z2.jpg
160123105006
雪煙を巻き上げながら、山中の勾配を70km/hで走行中

雪も大分、
深くなってきた感じ

160123105130z2.jpg
160123105130
「久々野(くぐの)」駅を通過(地図
O)・・・特急2往復が停車しますが、無人駅

ここで「飛騨川」は、源流の「乗鞍岳」へと東へ離れていきます

標高は676m、「高山本線」で最も標高の高い駅だそうです

と、なるとこの先は下り坂?

160123105515z2.jpg
160123105515
ではなく・・・長さ2080mの「高山本線」で最も長い
「宮トンネル」の入り口の標高は714m、「高山本線」の最高地点でした

近くにある「宮峠(782m)」が太平洋と日本海の分水嶺となります

トンネルを抜けると
眼下に平坦地が広がります(地図
P)

160123105554z2.jpg
160123105554
右に大カーブをしながら下って行きます(地図Q)
左先に、先頭車の姿が見えます

このカーブは「宮村の大カーブ」と呼ばれ、鉄道写真の名所だそうです

カーブの先に、
飛騨一ノ宮駅(地図
R)

ホーム脇に停車している事業車の屋根に、結構、積もっていますね


160123105846z2.jpg
160123105846
再び、山間地に入ります(地図S)

「飛騨川」に代わって、流れているのは「宮川」
「高山」の市街地を流れる川です

緩やかに坂を下って行くと、
市街地が広がってきます・・・「高山」の街です

名物「
飛騨牛」の文字も見えます

160123110337z2.jpg
160123110337
11時3分、「ワイドビューひだ3」号は8分遅れで「高山」駅に到着

160123110525z2.jpg
160123110525
「白川郷のライトアップ」がある
この日の「ワイドビューひだ3」号は、9両編成

通常期より2両増結しています・・・後ろ6両は、この高山駅止まり

160123110841z2.jpg
160123110841
前の方では、分割作業中・・・
「高山」止まりの編成(左側)をバックさせて、作業終了


160123110906z2.jpg
160123110906
3両の身軽な編成で、「富山」へ向かいます

「高山」から「富山」までは、「飛騨古川」を経由して1時間26分の道のり


撮影日:2016年01月23~24(25)日
つづく(全23回)

過去の散策旅シリーズ:
初期のブログでは、小さい文字サイズ、写真サイズを使用していました。
今回、この「過去の散策旅シリーズ」では、リサイズした上で、必要に応じて
加筆、訂正を行っております

20
雪見の旅・飛騨(岐阜県)(全23回)

19:会津へ雪見(福島県)(全20回+1回)

18:国道300号線を通って(山梨県)(全18回)

17:京都気分と富士山と(神奈川県)(全21回)

16:晩秋(長野県)(全19回)

15:水を巡って(神奈川・静岡県)(全20回)

14:下栗へ(愛知・長野県)(全17回)

13:と、駅弁1。(埼玉・群馬県)(全16回)

12:特別公開へ(栃木県)(全14回)

11:特別見学会へ(全2回)

10:ダム内部 特別開放(神奈川県)(全16回)

:京都1day(京都府)(全12回)

:雪見の旅(新潟・長野県)(全33回)

:小海線で散策(長野・山梨県)全26回

:上越国境の散策(群馬県)全19回

:戸隠・信濃大町の旅(長野県)全47回

:碓氷峠界隈を散策(群馬県)全27回

:花と駅と(茨城県)全12回

:山梨・2014さくら(山梨県)全18回

:花咲く道を散策:(群馬県)全10回

関連記事

2021.02.07 


Secret