20210307135927a2.jpg20210307135927
名前は知っていました・・・銀座6丁目にある「GINZA SIX」

「銀座」のメインストリート、「銀座通り」に面している建物です

昔は「松坂屋」デパートでしたが、オシャレで高級なお店ばかりが入る施設に変貌?

でも、つい最近、このコロナ禍で閉店するショップが続々と・・・との
ニュースでも注目を浴びています

個人的には、オシャレには縁遠く、訪れる事のない施設だと思っていました

それが、ひょんな事から訪れる事に・・・


いつも拝見している、「宿はなし」様のブログ「乗り鉄放浪記」で

「おぎのや 峠の釜めし」の記事

「釜めし」と共に、「お新香」の写真

さらに、召し上がった後の「空の容器」を見て・・・

「食べたい」の想いがふつふつと。

例年、新宿「京王百貨店」で開催される「駅弁大会」で購入したり
していたのですが、このご時世で、今年の訪問は断念
(昨年1月は
購入しました)

今、都内で発売していないか、「おぎのや」さんのHPで探索

東京駅、上野駅等の名物駅弁売り場で販売(売り切れも有り)しているのが
判りましたが、いずれも「紙容器」っぽい

さらに、都内には新たに「工場&直売所」として杉並区の「八幡山」駅近くにも
あるようですが、そちらも「紙容器」のようで・・・。

持ち運ぶ際、重い益子焼の容器より紙(パルプモールド)が重宝されるようですが
個人的には、あの土釜は外せません

で、探した所、都内で確実に土釜容器の「釜めし」を販売している店舗が

なんと、この「GINZA SIX」で出店していると・・・

20210307140254a2.jpg20210307140254
地下2階のフロア

周囲には、(多分)人気なのだろうなという雰囲気のお店がズラズラ

見た事のない、スイーツや飲料が一杯だし

コロナ禍でも行列が出来ているお店も多い中

「荻野屋」さん、負けないような店構えで営業されていました

お客さんも、常時、数組が待つ状況で、他人ながらホッと。


20210307140323a2.jpg
20210307140323
店頭では、信越本線「横川駅」駅前の「荻野屋本店」の姿を掲示

2021030140001a2.jpg
2021030140001
HPでも紹介されていますが、「釜めし」以外にも数多く、お弁当を発売中

まずは、「釜めし」よりも高い「牛めし」が、1200円

お肉が異なるのでしょうが、好きな「吉野家」の牛丼の3倍以上

う~~ん、一度は味見してみたいかな・・・。


さらに、さらに、驚きの「上州牛ステーキ弁当」

2700円ですと


今回は、折角、銀座まで来たからと、「峠の釜めし」以外も幾つか購入しました

20210307185832a2.jpg20210307185832
お馴染みの「峠の釜めし」

定番駅弁ですが、無性に食べたくなる時が・・・

個人的には、崎陽軒の「シウマイ弁当」や富山の「ますのすし」と

この「釜めし」が定番でも食べたくなる駅弁Top3です

20210307190541a2.jpg
20210307190541
たかが「おてふき」ですが

同じ「荻野屋」さんの他の駅弁には、また別の姿の「おてふき」が付いていました

これは「釜めし」の当て紙と同色にした専用なのかも

20210307190244a2.jpg20210307190244
「益子焼」の器にきざまれた「横川駅」

20210307190215a2.jpg20210307190215
ん?

20210307190049a2.jpg20210307190049
「椎茸」が一切れ、多いような・・・。

去年1月の駅弁大会の時、買ったのはこちら

確かにひとつ多いです
その分、お肉が減ったとか???

そうでもなさそうです


20210307185912a2.jpg
20210307185912
そして、「峠の釜めし」のもうひとつの魅力が、この「お新香」詰め合わせ

小さな容器に、これだけキッチリ詰めてくれるなんて・・・

これだけでも、別売りにしてくれたら、おつまみとして買いたくなります

20210307194508a2.jpg20210307194508
今まで、器の裏を気にした事なかったのですが・・・

「実用新案登録番号」が打たれていました

これからは、食べたくなったら、「駅弁大会」を待たずに
「銀座」に行けばよい・・・と判ったのも◎でした


撮影日:2021年03月07日
関連記事

2021.03.09 


Secret