3月中旬、首都圏(東京、神奈川、千葉、埼玉)の緊急事態宣言は
一旦解除されましたが、再び新規感染者数が増加し、
今度は蔓延防止処置の適用と・・・この対応で大丈夫なのでしょうか

業務の方は、現在も時短・交替制をとっていて、散策は自粛しないとならない状況
もう少しの間、過去の散策記事を再掲載させて頂きます

第23弾は、2015年05月17日の千葉県への
日帰り散策
です

サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、〇〇は別写真等にリンクさせています


「記憶を辿って」(再)のトップ記事はこちら


「上総亀山」駅ホームです

150517141222z2.jpg
150517141222
JR久留里(くるり)線「上総亀山」駅で発車を待ちます
発車時刻は14時23分

「久留里」線は千葉県のJRで唯一の非電化路線・・・ディーゼルカーが走ります

「上総亀山」から「木更津」まで、32.2kmの路線を
59~70分かかるので、ノンビリと走るようです

車輌は2012年に導入された新型タイプ
最高運転速度は100km/hですが、久留里線内は最高65km/h
線路や路盤が高速運転に対応していないのでしょう・・・。

「上総亀山」駅を発車する、このディーゼルカー・・・朝8時48分以来、
約6時間弱ぶりの列車です
で、これを逃すと次は、約3時間後の17時15分の発車

座席が全て埋まる事はありませんが、1車両に約15人ほどは乗車
この運行間隔でガラガラだったら、更に運行本数が減らされそう・・・

150517141549z2.jpg 150517141549
1~2両編成はワンマン運転だそうで、
運転席にはバスのような運賃箱が置かれています

150517141643z2.jpg
150517141643
ドア上に沿線の「お出かけスポット」が紹介されています
1駅毎に下車して見てまわってみたいものですが、如何せん、本数が少ない

例えば、「久留里~上総亀山」の4駅間で各駅下車を試みてみると
始発の「木更津」駅発06:26で「久留里」駅に07:14着

「久留里」駅、次発08:14で、次駅の「平山」駅に08:20着

「平山」駅、次発は何と13:56発で、次駅の「上総松丘」駅に14:01着

「上総松丘」駅、次発は16:47発、終点の「上総亀山」駅の到着は16:54。

4駅の散策だけで1日が終わってしまいます

150517141959z2.jpg
150517141959
無人駅の「上総亀山」駅で乗車する際に
バスの整理券のような「乗車駅証明書」を取ります

これに出会ったのは安曇野を走る、長野県「大糸線」の「簗場」駅以来です

150517142516z2.jpg
150517142516
14:23発車の筈が、運転士さんが乗客の切符紛失の対応をしてて
数分遅れての発車・・・ワンマン運転の弊害でしょうか

先ほど歩いた踏切を通過します
この辺りには新築っぽい民家が点在しています

150517142829z2.jpg
150517142829
次の「上総松岡」駅まで「千葉県」とは思えないような山あいの風景が続きます

流れる川は「小櫃川」・・・「木更津」市で「東京湾」に注ぎます

150517143226z2.jpg
150517143226
単線の「久留里」線

速度を出しても50km/h程度、ほとんど35km/h位で流しています

座っていると眠くなるので、先頭から車窓を・・・


150517144037z2.jpg
150517144037
森の中を流れる「小櫃川」の堤を豊富な水が流れ落ちています

まもなく「久留里」駅・・・一旦、列車を降ります

150517144216z2.jpg150517144216
「久留里」駅に到着しました

先には単行のディーゼルカーが・・・「久留里」駅始発の列車です

1日9本の設定、「久留里線」もここからはやや便利になります

150517kameyama17z2.jpg

ディーゼルカーは地図南端の「上総亀山」駅から北端の「久留里」駅へと辿りました

ところで、地図上方から「久留里」線に沿って「国道410号」が南下します
そのまま辿ると、「上総亀山」に至るのですが、「亀山」では「国道465号」に・・・
途中から国道が変わっています

実は、丸いの破線の部分が分岐点なのですが・・・


150517kameyama18z2.jpg

拡大すると
その分岐点・・・ここで曲がれる?って程の急角度

ずっと「410号」を走ってきた車は分岐に気づかないと知らないうちに
「465号」に入ってしまうというミステリーロードです

ストリートビューで見ると、こんな
場所です
(広い道が、「久留里」からの「410号」、右の細い道も「410号」・・・「君津」へ至ります)

お時間があったら、ストリートビューで「410号」を辿ってみてください
これが国道?って思うような道になります(トンネル部以降)


撮影日:2015年05月17日
つづく(全17回)

過去の散策旅シリーズ:
初期のブログでは、小さい文字サイズ、写真サイズを使用していました。
今回、この「過去の散策旅シリーズ」では、リサイズした上で、必要に応じて
加筆、訂正を行っております

23:記憶を辿って(千葉県)(全17回)

22:武蔵野辺り(東京都)(全14回)

21:改正前に(新潟・長野県)(全16回)

20
雪見の旅・飛騨(岐阜県)(全23回)

19:会津へ雪見(福島県)(全20回+1回)

18:国道300号線を通って(山梨県)(全18回)

17:京都気分と富士山と(神奈川県)(全21回)

16:晩秋(長野県)(全19回)

15:水を巡って(神奈川・静岡県)(全20回)

14:下栗へ(愛知・長野県)(全17回)

13:と、駅弁1。(埼玉・群馬県)(全16回)

12:特別公開へ(栃木県)(全14回)

11:特別見学会へ(埼玉県)(全2回)

10:ダム内部 特別開放(神奈川県)(全16回)

:京都1day(京都府)(全12回)

:雪見の旅(新潟・長野県)(全33回)

:小海線で散策(長野・山梨県)(全26回)

:上越国境の散策(群馬県)(全19回)

:戸隠・信濃大町の旅(長野県)(全47回)

:碓氷峠界隈を散策(群馬県)(全27回)

:花と駅と(茨城県)(全12回)

:山梨・2014さくら(山梨県)(全18回)

:花咲く道を散策:(群馬県)(全10回)

関連記事

2021.04.17 


Secret