20210410130629a2.jpg20210410130629
先の日曜日は、孫1号の入園のお祝いに朝から横浜の三男宅へ・・・。

帰宅も夜となり、お伺い等が出来ませんでした


以下の記事内容も、その前日、土曜日の作業です



何年か前に買った「種」

ベランダに鉢を置くスペースが無かったり、播く時期を逸したりで

「有効期限」を4年以上、過ぎてしまっていました

でも・・・

結構、植物は強い、って勝手な思い込みもあり

種蒔きをしてみました

20210410130743a2.jpg20210410130743
開封して・・・一般的な「あさがお」の種サイズです

(うちのは、10年以上、継続しているからか、皆、小粒になっています)

20210410131553a2.jpg20210410131553
一方、こちらは・・・小さいし、数、少なっ

20210410113034a2.jpg
20210410113034
プランターに直植えして、発芽にバラツキがあると見栄えが悪いので

今回は、「土ポッド」を利用します

20210410114706a2.jpg20210410114706
新しい「あさがお」の種蒔きをするならば

ずっと育てていた種類も並行して種蒔きした方がいいかな?と・・・。

で、これが昨年、採れた「種」

20210410141650a2.jpg20210410141650
採取時、雨に当たったりして湿ったりする「種袋」もあり

そのまま保存していたのですが

いざ、種採りをするとなると・・・DVD1本、見終わる時間がかかりました

こちらは、パープルの和風っぽいあさがお

20210410154041a2.jpg20210410154041
こちらは、大量に採れた「西洋あさがお」

種剥きの際、下に敷くのは白い紙にすべきですね

こぼれた種を探すのが大変でした・・・。

20210410162808a2.jpg
20210410162808
その時、ふと思い出したのが・・・・「風船かずら」の風船

一昨年、採れたのを、籠に入れたまま放置してました

20210410162940a2.jpg20210410162940
「放置」・・・思い出したのが冷蔵庫の野菜室に入れてた「アレ」

「古米」、「古古米」っぽくなっているのが・・・ありました

播くなら、そっちが先じゃん

20210410164123a2.jpg20210410164123
風船に入っていた種は、来年か、再来年か・・・

とりあえず、保管用に、剥いておきます


20210410164954a2.jpg20210410164954
風船かずらの種の特徴・・・種の大小にかかわらず、白いハートマークが入ります

20210410172339a2.jpg20210410172339
余談・・・檸檬にツボミがついていました

20210410172428a2.jpg20210410172428
昨シーズンはツボミが1個だけ

さらに、鉢の移動中に、そのツボミをぶつけて落としてしまう失敗を


今回は今のところ・・・9つのツボミを確認

何とか、花から結実までいって欲しいものです

撮影日:2021年04月10日


関連記事

2021.04.13 


Secret