サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「孫たちとの旅」のトップ記事はこちら
20210501084341a2.jpg20210501084341
富士急行線「禾生(かせい)」駅手前・・・渡るのは「桂川です

小さな川ですが、源流は富士五湖の「山中湖」
下流は・・・神奈川県で名称を変えて「相模川」となり、「相模湾」に注ぎます

奥に「中央自動車道」が見えますが、緑が広がる中の川の姿
・・・久しぶりに見た気がします

20210501090149a2.jpg20210501090149
眺望で有名な「三つ峠」の駅を過ぎると車内放送が・・・。

「進行左側、富士山がよく見えるスポットです」

指定席は進行右側でしたが、空席も多く、左側の窓際に移動しますと

「おお~っ、富士山だ」・・・車中の皆さんもしきりに撮っています

20210501090157a2.jpg20210501090157
わざわざ徐行してくれたのではなく、元からゆっくりの走行でしたので
たっぷりと「富士山」の姿を楽しめました

「笠雲」?「吊るし雲」?って言うのでしょうか
頂上付近に被ってしまっていますが・・・それでも綺麗な姿です

この雲が出る時、「お天気は下り坂」なのだそうですが、実際、お昼を過ぎると「雨」予報。

20210501090826a2.jpg
20210501090826
「下吉田」駅に停車・・・上り電車との交換があるとの事で、ちょっとホームに降りてみます

この「下吉田」駅、昨今、外国人にも大人気の
新倉山浅間(あらくらやませんげん)公園」も最寄り駅

今年は、このコロナ禍で、どうなったのでしょう

僅かな停車時間 & ホーム反対側に普通電車が来ちゃったので
撮るチャンスを逸してしまいましたが・・・

左端に、「富士」のトレインマーク」のブルートレイン車両(14系:実際は「北陸」での使用車両)
中央奥に「富士急行」オリジナルの「5000系」(ローレル賞受賞車両)
その右には、元JR東日本165系(パノラマエクスプレス)の車両が停車中

帰路時には、京王塗色された1000系(元京王5000系)の姿も見る事が出来ました


20210501091252a2.jpg20210501091252
「月江寺(げっこうじ」駅を過ぎると、「富士山」駅へ大きなS字カーブ
その際、車窓左側でも「富士山」の姿が・・・。

富士山の頂上部以外は快晴・・・の変なお天気です

20210501091509a2.jpg20210501091509
「富士山」駅に到着・・・ホーム先端部に「富士山」を眺めるお洒落なチェアー

20210501091551a2.jpg20210501091551
9時15分と早い到着でしたが・・・3男家族が既に到着済みでした

線路際の駐車場に孫1号、孫2号の姿も・・・。

個人的に、三男家族が到着前に「北口本宮冨士浅間(きたぐちほんぐうふじせんげん)神社」を
訪れるつもりだったのですが・・・GWでも、コロナ禍で道は予想以上に空いていたのかも。

20210501091632a2.jpg
20210501091632
乗車してきた「富士回遊3号」はこの「富士山」駅で
スイッチバックして、終点の「河口湖」駅へ向かいます

20210501yamanashi02a2.jpg
「富士山」駅があるのは「富士吉田」市
駅名も元々は「富士吉田」駅で、こちらの方が馴染みがあります

「富士山駅」は商標登録しているそうですが・・・
富士急には「フジサン特急」、「富士山ビュー特急」の列車があり、
静岡県「御殿場」駅に至る小田急・JR東海の特急列車が「ふじさん」と・・・。

一応、カタカナ、漢字、ひらがな表記で、文字では区別はつきますが
あいまいな音声だと、日本人でも間違えそう

英語表記では、「フジサン特急」は「
Fujisan Express」、

「富士山ビュー特急」は、「
Fujisan View Express」、

「ふじさん」は、「
Mt.Fuji

ちなみに「富士回遊」は、「
Fuji Excursion

昔、九州と結んだブルートレイン「富士」は、「
Fuji

この後から「富士」を冠するのはなかなか大変そう

撮影日:2021年05月01~3日
つづく
関連記事

2021.05.22 


Secret