サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
大きめのサイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています

「孫たちとの旅」のトップ記事はこちら

20210503084407a2.jpg
20210503084407
コテージ施設の敷地から見える「富士山」の頂上部
今日も朝は雲が無い快晴です

10時のチェックアウト前に、室内の片付け、ゴミ出し、借り出し品の返却等々・・・
結構、慌ただしく・・・、私の朝ご飯は「卵かけご飯」でした

前日、買った卵パック・・・お昼ご飯のおかず用に卵焼きを作っても
余ってしまい、私が処理、でした
20210503090500a2.jpg 20210503090500
当初、検討していた、延び延びになっていた「ロープウェイ」乗車ですが・・・
「ロープウェイ」乗車後、潰しが効かないので、あらためて目的地を検討・・・。

車で20分ほどの所に、小さな子供でも楽しめる施設があるのが判り
混雑具合をみながら、そこで遊ぶ事になりました

20210503yamanashi01a2.jpg
赤丸破線の位置が宿泊施設

これから訪れるのは、地図左下の「富士スバルランド ドギーパーク」と
記載されている所です(施設サイトでは「富士すばるランド」と記載)

20210503093848a2.jpg
20210503093848
中央道「富士吉田IC」をアンダークロス

一瞬、「富士山」のほぼ全貌が望めます

20210503094230a2.jpg
20210503094230
山梨県道「707号」を南下・・・真っ直ぐな道が気持ち良いです

この県道「707号」は、起点が「河口湖」、
そして終点は「富士山5合目(吉田口五合目」(標高2305m)

開通時に付けられた「富士スバルライン」という名称が
よく知られているかもしれません

有料道路区間は、これから訪れる「富士すばるランド」の先
「胎内洞窟入口」交差点からとなるようです

20210503095428a2.jpg
20210503095428
9時半過ぎ、「富士すばるランド」に到着

駐車場はまだガラガラ(と言っても10数台は駐車中)
駐車容量は340台と広大です

「富士すばるランド」は広さが10万㎡・・・東京ドームと甲子園球場を足した位?

ちなみに初日に訪れた「諏訪の森自然公園」の広さは、14万㎡でした

20210503101004a2.jpg
20210503101004
空いている内にと、乗り物アトラクションを目指して・・・

一番奥にある「SL森林鉄道」へ

20210503101041a2.jpg
20210503101041
車両は、よくある「遊園地の乗り物」的ですが、走るのはまさに森の中

勾配区間もあり、森林鉄道の雰囲気は味わえます

20210503102930a2.jpg
20210503102930
1周365mの「森林鉄道」には、散策路との踏切も2箇所

乗車した後、孫1号が踏切を通過するシーンを見たいと・・・。

20210503103806a2.jpg 20210503103806
「踏切」は、普段でも、電車を見るポイントのひとつで、

東京にやってきた時、必ず立ち寄るほど好きみたい

20210503102335a2.jpg
20210503102335
その次は、手でこぐトロッコ、「ビージーと虫の妖精達 トロッコイデ」

操作はシンプルですが、意外と勾配があって・・・

前日、足こぎボートを体験した三男、今日は手でこいで・・・全身筋肉痛になる、と。

「虫の妖精達」とは・・・ルート脇に「虫の妖精」が配置されていて、それを探すと共に
降車した後、妖精が描かれたボードで「居たか?居なかったか?」を当てるクイズ付き

孫達と一緒に乗っていた三男夫婦も真剣に当てにいっていました

20210503110421a2.jpg
20210503110421
施設内にはアスレチック施設も幾つかあるようですが、
年齢制限があって・・・利用出来ず

スポンジクッションをレゴのように組み立てていく、「巨大ブロックランド」でひと遊び

20210503112645a2.jpg
20210503112645
ちょっと早めの昼ご飯

11時を過ぎた頃から、来園客が増え始め、アトラクションには長い行列が
あちこちに出来て、ちょっと混雑状態に・・・。

孫達も疲れが残らないよう、そこそこの時間に帰宅させたいし・・・
お昼過ぎには退園して、「富士山」駅へ向かいます

撮影日:2021年05月01~3日
つづく(全12回)
関連記事

2021.06.01 


Secret