このブログを始める前の散策旅をまとめてみました

当時はHPに写真をアップしただけで、旅の詳細の記録は乏しく
ほぼ記憶力だけに頼った内容となり、誤りもあるかと思いますが、ご了承ください

081101101236z2.jpg
081101101236
「野尻湖」の名前を更に広めたのが「ナウマンゾウ」

1948年、湖底でナウマンゾウの臼歯が見つかり、化石の発掘が始まったそうです
「ナウマン」の名称は、日本で初めてゾウの化石の研究をした「ナウマン博士」の
名前で、博士の業績を記念して名付けられたのだとか・・・。

湖畔には「野尻湖ナウマンゾウ博物館」が開館中
この時は、時間が無くて、残念・・・。
081101101703z2.jpg 081101101703
「ナウマンゾウ」を見つける事は出来なかったけど・・・「スワン」の群れを発見

夏のシーズン中、湖を巡っていた「スワンボート」、
オフシーズンは室内に保管するのですね

081101102131z2.jpg
081101102131
「野尻湖」に浮かぶ「琵琶島」

「宇賀神社」の赤鳥居の左側に、遊覧船の姿が見えます

まだ朝10時半前ですが、「黒姫」駅に戻ります

081101110750z2.jpg
081101110750
「黒姫」駅ホームにて
ここから「県道36号線」経由で「戸隠高原」にも行けるのですね

バス路線があるのか調べてみると、この国道でダンプカーとのすれ違いの際、接触
バスは50m下の「鳥居川」に転落、死者15名、負傷者67名の大事故が発生

当時は幅狭で未舗装、ガードレール未早着の悪路で、運転手は無罪判決になったとか・・・
現在は拡幅・舗装されたそうですが、事故の影響もあり、バス路線は廃止されたようです

081101111111z2.jpg
081101111111
「信越本線」上り列車が到着・・・「普通 妙高号」です

「横軽通過」用にジャンパ栓受けがあるし、助手席下の空気取り入れ口が4つ
(183系は2つ)あるので、「189系」編成のようです

081101111227z2.jpg
081101111227
行き先表示器には「普通 妙高号 長野」行きの表示幕

081101112617z2.jpg
081101112617
下り「直江津」行きも「妙高号」です

座席背面には、「ライナー」使用を見越して、「チケットホルダー」を装備

081101113217z2.jpg
081101113217
新潟県に入り、「妙高高原」駅、「関山」駅とやってきました

背後の家並みの様子から、山から下ってきた感じで、標高も333mと然程ですが
1946年1月に1日の降雪量が210cmと言う、山岳を除いた
非公式世界1位を記録した豪雪地帯です

081101113804z2.jpg
081101113804
次の「二本木」駅はスイッチバックの駅

下り列車は、勾配が続く本線から分かれて平坦なホームに渡ります
(右に分かれる線路が本線・・・直江津方面)

081101114059z2.jpg
081101114059
駅で客扱いを終えるとバックで引き上げ線へ移動
分岐器を経由して本線に入り、直江津方面へ進みます

20081101jyoetu01z2.jpg
この後、「高田平野」を北上し、「直江津」駅に下って行きます

20210822145930a2.jpg20210822145930
昨日(2021年8月22日)、この頃、使っていた「カメラ」を買い取りしてもらいました

当初は、使う機会もあるかもと思ったりしていたのですが
実際、使う事は無く・・・。

以前、父(新聞記者・雑誌編集)が所有していたカメラを
亡くなった後の整理で買い取りに出した際、レンズのカビ等で査定0。

それほど古くもなく(でも購入から13年経過)、値が付けばラッキーと・・・。

程度はやはり「B」・・・本体、交換レンズそれぞれの評価額でした

カメラ本体よりも望遠レンズ、マクロレンズの評価が高かったのですが
望遠レンズは使用頻度が少なかったので状態が良かったのかな?
マクロは需要があるからでしょうか?

反面、標準レンズは使用頻度も多かったし、消耗度も高かったのかもしれません
また、市場に出る個体数も多いのでしょうね

でも、この50円組2つで買い取りに訪れていたら、電車賃にもなりませんでした

とりあえずトータルで、電車賃をカバー出来たのは良かった、良かった

撮影日:2008年11月02~03日
つづく(全9回)

過去の散策旅シリーズ:
初期のブログでは、小さい文字サイズ、写真サイズを使用していました。
今回、この「過去の散策旅シリーズ」では、リサイズした上で、必要に応じて
加筆、訂正を行っております

31:上越市方面へ(長野・新潟県)

30:夕陽を(東京都)(全7回)

29:鎌倉・江ノ島ハイク(神奈川県)(全28回)

28:ハスを見に(埼玉県)(全8回)

27:梅雨半ばの猛暑日に(山梨県)(全10回)

26:30分のショー(茨城県)(全12回)

25:朝飯前の散策(神奈川県)(全15回)

24:花便りから(東京都)(全15回)

23:記憶を辿って(千葉県)(全17回)

22:武蔵野辺り(東京都)(全14回)

21:改正前に(新潟・長野県)(全16回)

20
雪見の旅・飛騨(岐阜県)(全23回)

19:会津へ雪見(福島県)(全20回+1回)

18:国道300号線を通って(山梨県)(全18回)

17:京都気分と富士山と(神奈川県)(全21回)

16:晩秋(長野県)(全19回)

15:水を巡って(神奈川・静岡県)(全20回)

14:下栗へ(愛知・長野県)(全17回)

13:と、駅弁1。(埼玉・群馬県)(全16回)

12:特別公開へ(栃木県)(全14回)

11:特別見学会へ(埼玉県)(全2回)

10:ダム内部 特別開放(神奈川県)(全16回)

:京都1day(京都府)(全12回)

:雪見の旅(新潟・長野県)(全33回)

:小海線で散策(長野・山梨県)(全26回)

:上越国境の散策(群馬県)(全19回)

:戸隠・信濃大町の旅(長野県)(全47回)

:碓氷峠界隈を散策(群馬県)(全27回)

:花と駅と(茨城県)(全12回)

:山梨・2014さくら(山梨県)(全18回)

:花咲く道を散策:(群馬県)(全10回)
関連記事

2021.08.23 


Secret