このブログを始める前の散策旅をまとめてみました

当時はHPに写真をアップしただけで、旅の詳細の記録は乏しく
ほぼ記憶力だけに頼った内容となり、誤りもあるかと思いますが、ご了承ください

081101155209z2.jpg
081101155209
「親不知」の海岸から上がってきました

崖斜面に張り付くように伸びているのは、国道8号線の「ロックシェッド」

落石対策のコンクリート施設です
081101155225z2.jpg 081101155225
先に見える、海上の高架橋は「北陸自動車道」

陸上にスペースが無い事と季節風による高波を避けるため、
海上を高架橋で抜ける事にしたそうです

その先に見える「砂州」状の岬は「親不知海水浴場」

更にその先の高架橋は「北陸自動車道」と「国道8号線」
共に海上を橋で通過しています

この15kmほどの「親不知・子不知」区間を通り抜けるために
様々な対策が施されています

081101155857z2.jpg
081101155857
ここからは宿泊する「上越市」に戻るのですが、
折角、空がj晴れているし、どこかで日本海に沈む太陽が見たいな~と。

今回の行程で、車が停められて、日本海が広がっている所というと
お昼に「カニ」を食べた「能生」の海岸かな?と急ぐ事にしました

しかし、初冬の日の入り時刻は早そうだし、「能生」までは30数キロ
・・・辿りつけるかギリギリ

海が見える所で太陽の高度を確認しながら急ぎます

081101164858z2.jpg
081101164858
太陽が日本海に触れています

「(能生には)間に合わない」と停められる所を探すと、
丁度、海岸寄りに駐車場のあるドライブイン

駐車して、急いでカメラを持ち出します

081101164927z2.jpg
081101164927
三脚の準備も出来ず、海からの風であおられますが

手すりに置いた状態で撮ります

081101165033z2.jpg
081101165033
太陽が日本海に接して、120秒経過

沈むスピードは速いですね

081101165056z2.jpg
081101165056
場所は、地名で言えば「鬼伏」という所のようです

ここから先は、一旦、入り江状の集落の中を辿る道でした

ここで止まらなければ、日の入りシーンを見逃す事になったかも・・・。

081101165111z2.jpg 081101165111
あとちょっと・・・

081101165131z2.jpg
08110116513
この日、一番、感動したシーンでした

撮影日:2008年11月02~03日
つづく(全9回)

過去の散策旅シリーズ:
初期のブログでは、小さい文字サイズ、写真サイズを使用していました。
今回、この「過去の散策旅シリーズ」では、リサイズした上で、必要に応じて
加筆、訂正を行っております

31:上越市方面へ(長野・新潟県)

30:夕陽を(東京都)(全7回)

29:鎌倉・江ノ島ハイク(神奈川県)(全28回)

28:ハスを見に(埼玉県)(全8回)

27:梅雨半ばの猛暑日に(山梨県)(全10回)

26:30分のショー(茨城県)(全12回)

25:朝飯前の散策(神奈川県)(全15回)

24:花便りから(東京都)(全15回)

23:記憶を辿って(千葉県)(全17回)

22:武蔵野辺り(東京都)(全14回)

21:改正前に(新潟・長野県)(全16回)

20
雪見の旅・飛騨(岐阜県)(全23回)

19:会津へ雪見(福島県)(全20回+1回)

18:国道300号線を通って(山梨県)(全18回)

17:京都気分と富士山と(神奈川県)(全21回)

16:晩秋(長野県)(全19回)

15:水を巡って(神奈川・静岡県)(全20回)

14:下栗へ(愛知・長野県)(全17回)

13:と、駅弁1。(埼玉・群馬県)(全16回)

12:特別公開へ(栃木県)(全14回)

11:特別見学会へ(埼玉県)(全2回)

10:ダム内部 特別開放(神奈川県)(全16回)

:京都1day(京都府)(全12回)

:雪見の旅(新潟・長野県)(全33回)

:小海線で散策(長野・山梨県)(全26回)

:上越国境の散策(群馬県)(全19回)

:戸隠・信濃大町の旅(長野県)(全47回)

:碓氷峠界隈を散策(群馬県)(全27回)

:花と駅と(茨城県)(全12回)

:山梨・2014さくら(山梨県)(全18回)

:花咲く道を散策:(群馬県)(全10回)
関連記事

2021.08.27 


Secret