このブログを始める前の散策旅をまとめてみました

当時はHPに写真をアップしただけで、旅の詳細の記録は乏しく
ほぼ記憶力だけに頼った内容となり、誤りもあるかと思いますが、ご了承ください

121104093836z2.jpg121104093836
「新穂高ロープウェイ」で麓に下りていきます

高度が下がるにつれ「槍ヶ岳」(3180m)の頂きも
「大喰岳(おおばみだけ)」(3101 m)の背後に隠れていきます・・・

後、数秒で見えなくなる・・・「槍ヶ岳」の姿を目に焼き付けます


121104093849z2.jpg 121104093849
「上高地」側で見る「西穂高岳」とは印象が異なる姿・・・。

「穂高」と名の付く山岳で唯一、標高が3000mに満たない「西穂高岳」ですが
荒々しく険しい姿はさすがです

121104093937z2.jpg
121104093937
もう一度、「槍ヶ岳」を見る機会はあるのでしょうか?
・・・と当時は思っていました

再訪したとしても、こんな好天に恵まれるかどうか、ですし・・・。

121104094013z2.jpg
121104094013
ホントに見納め・・・

121104094041z2.jpg
121104094041
「槍」の姿が隠れてしまいました

121104094148z2.jpg
121104094148
「第2ロープウェイ」で下る短い間に、樹木も雪で白かったシーンから
紅葉で色づいたシーンに変化

121104094208z2.jpg
121104094208
「第2ロープウェイ」の高低差は848m

「しらかば平」駅の駅舎ははるか下

121104094232z2.jpg
121104094232
約7分の乗車時間の間に「冬」と「秋」の季節を味わえたロープウェイでした

20121103gifu12z2.jpg
学生の頃、「上高地」側からハイキング感覚で登っていき、「独標」までたどり着きましたが、
その先は素人が足を踏み込んではいけない地帯と感じ、眺望を楽しんだ後、下った経験があります

地図の等高線を見ても、「独標」から先は全く異なった世界になっている感じです

撮影日:2012年11月03日~05日
つづく

過去の散策旅シリーズ:
初期のブログでは、小さい文字サイズ、写真サイズを使用していました。
今回、この「過去の散策旅シリーズ」では、リサイズした上で、必要に応じて
加筆、訂正を行っております

34:飛騨方面へ(岐阜・長野県)

33:和歌山方面へ(和歌山県)

32:瀬戸内方面へ(山口・岡山・滋賀・愛知県)

31:上越市方面へ(長野・新潟県)

30:夕陽を(東京都)(全7回)

29:鎌倉・江ノ島ハイク(神奈川県)(全28回)

28:ハスを見に(埼玉県)(全8回)

27:梅雨半ばの猛暑日に(山梨県)(全10回)

26:30分のショー(茨城県)(全12回)

25:朝飯前の散策(神奈川県)(全15回)

24:花便りから(東京都)(全15回)

23:記憶を辿って(千葉県)(全17回)

22:武蔵野辺り(東京都)(全14回)

21:改正前に(新潟・長野県)(全16回)

20
雪見の旅・飛騨(岐阜県)(全23回)

19:会津へ雪見(福島県)(全20回+1回)

18:国道300号線を通って(山梨県)(全18回)

17:京都気分と富士山と(神奈川県)(全21回)

16:晩秋(長野県)(全19回)

15:水を巡って(神奈川・静岡県)(全20回)

14:下栗へ(愛知・長野県)(全17回)

13:と、駅弁1。(埼玉・群馬県)(全16回)

12:特別公開へ(栃木県)(全14回)

11:特別見学会へ(埼玉県)(全2回)

10:ダム内部 特別開放(神奈川県)(全16回)

:京都1day(京都府)(全12回)

:雪見の旅(新潟・長野県)(全33回)

:小海線で散策(長野・山梨県)(全26回)

:上越国境の散策(群馬県)(全19回)

:戸隠・信濃大町の旅(長野県)(全47回)

:碓氷峠界隈を散策(群馬県)(全27回)

:花と駅と(茨城県)(全12回)

:山梨・2014さくら(山梨県)(全18回)

:花咲く道を散策:(群馬県)(全10回)
関連記事

2021.10.17 


Secret