このブログを始める前の散策旅をまとめてみました

当時はHPに写真をアップしただけで、旅の詳細の記録は乏しく
ほぼ記憶力だけに頼った内容となり、誤りもあるかと思いますが、ご了承ください

121104094535z2.jpg 121104094535
「新穂高ロープウェイ」の乗り継ぎポイントの
「しらかば平」駅(第2ロープウェイ)~「鍋平高原」駅(第1ロープウェイ)

標高は1305~1308mの地点にあります


南から北へ一直線に進む航空機

名古屋(セントレア・小牧)と北海道方面を結ぶ航空路が
この辺りに存在しているようです

121104094730z2.jpg121104094730
「焼岳」頂上

僅かに噴煙が見える部分・・・「北峰」の「溶岩ドーム」だそうです

写真奥の方にある「南峰」との間には「正賀池」という火山湖が
あるとか・・・知りませんでした

121104094835z2.jpg
121104094835
乗ってきた「第2ロープウェイ」が再び、昇っていきます

2階建てのゴンドラの定員は105名
2階建てのゴンドラが導入された1989年以前、平屋のゴンドラ時代は、駅前の県道に
車列が繋がり、乗車まで4~5時間待ちとなるほどの大混雑だったそうです

解決するには大型のゴンドラを用意すれば済むのですが、
国立公園内で余計な森林伐採、生態破壊は問題となるために
ゴンドラを2階建てにして、床面積を小さくし、関連施設の面積も抑えたそうです

10時近くになると、乗降口にはかなりの行列が出来ています
2階建ての大容量のゴンドラですが、もしかしたら、1回待つ感じかも・・・。

121104095147z2.jpg121104095147
「第1ロープウェイ」は一般的なタイプで定員は45名

「第1」と「第2」の定員は倍以上の差があります
定員数の小さい「第1」の運行本数が倍ならバランスが取れると
思うのですが、どちらも同じ30分間隔

なぜ?と調べてみたら・・・
「第2ロープウェイ」乗り場へは車で訪れる事が出来て、
駐車料金も「第1」界隈より安く設定されているとか。

なので、かなりの方が「第2」からの乗降となるようで
バランスが取れてるのかもしれませんね

121104095441z2.jpg121104095441
「笠ヶ岳」をズームしてみると・・・

尾根付近から沢伝いに真っ白く積雪していますが、
雪が無い箇所は・・・急峻で雪も積もる事が出来ない岩壁のようです

121104095608z2.jpg121104095608
振り返って・・・樹林の間から「穂高連峰」が。

右の峰は「西穂高岳」、左へ「奥穂高岳」への尾根が続くのですが
正面の深い沢が切れ込んだ山は?

もしかしたら「奥穂高岳」?と思ったりもしたのですが
「しらかば平」駅から見える、という情報は全く無くて・・・

結構、堂々とした姿なのですが、無名の頂き?
それとも「天狗の頭」(2909m)?「間ノ岳」(2907m)?

121104095644z2.jpg
121104095644
再度、「笠ヶ岳」・・・麓から数多くの「砂防ダム」が築かれています

この先は「穴毛谷」と言って、標高2000m付近まで続く谷で、
県の条例で危険区域に指定されているそうです
(2か所指定。もうひとつは、北穂高岳の「滝谷」)

時期により、雪崩、雪渓の崩壊、谷の増水、落石等に見舞われる場所で
2000年3月には「国内最大」と言われた雪崩が発生、砂防ダム工事現場を
直撃し、2名の犠牲者。現場は深さ15mの雪に埋もれていたそうです

20121103gifu12z2.jpg
標高2156mまで上る「新穂高ロープウェイ」ですが
標高では日本第4位だそうです

第1位は、中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイ(2612m)
・・・乗車経験あり

第2位は、立山ロープウェイ(2316m)
・・・乗車経験あり

第3位は、北八ケ岳ロープウェイ(2237m)

第4位に、この新穂高ロープウェイ

ちなみに第5位は、御岳ロープウェイ(2150m)

「北八ケ岳」と「御岳」は未乗、機会があったら乗りたいものです

撮影日:2012年11月03日~05日
つづく

過去の散策旅シリーズ:
初期のブログでは、小さい文字サイズ、写真サイズを使用していました。
今回、この「過去の散策旅シリーズ」では、リサイズした上で、必要に応じて
加筆、訂正を行っております

34:飛騨方面へ(岐阜・長野県)

33:和歌山方面へ(和歌山県)

32:瀬戸内方面へ(山口・岡山・滋賀・愛知県)

31:上越市方面へ(長野・新潟県)

30:夕陽を(東京都)(全7回)

29:鎌倉・江ノ島ハイク(神奈川県)(全28回)

28:ハスを見に(埼玉県)(全8回)

27:梅雨半ばの猛暑日に(山梨県)(全10回)

26:30分のショー(茨城県)(全12回)

25:朝飯前の散策(神奈川県)(全15回)

24:花便りから(東京都)(全15回)

23:記憶を辿って(千葉県)(全17回)

22:武蔵野辺り(東京都)(全14回)

21:改正前に(新潟・長野県)(全16回)

20
雪見の旅・飛騨(岐阜県)(全23回)

19:会津へ雪見(福島県)(全20回+1回)

18:国道300号線を通って(山梨県)(全18回)

17:京都気分と富士山と(神奈川県)(全21回)

16:晩秋(長野県)(全19回)

15:水を巡って(神奈川・静岡県)(全20回)

14:下栗へ(愛知・長野県)(全17回)

13:と、駅弁1。(埼玉・群馬県)(全16回)

12:特別公開へ(栃木県)(全14回)

11:特別見学会へ(埼玉県)(全2回)

10:ダム内部 特別開放(神奈川県)(全16回)

:京都1day(京都府)(全12回)

:雪見の旅(新潟・長野県)(全33回)

:小海線で散策(長野・山梨県)(全26回)

:上越国境の散策(群馬県)(全19回)

:戸隠・信濃大町の旅(長野県)(全47回)

:碓氷峠界隈を散策(群馬県)(全27回)

:花と駅と(茨城県)(全12回)

:山梨・2014さくら(山梨県)(全18回)

:花咲く道を散策:(群馬県)(全10回)

関連記事

2021.10.19 


Secret