このブログを始める前の散策旅をまとめてみました

当時はHPに写真をアップしただけで、旅の詳細の記録は乏しく
ほぼ記憶力だけに頼った内容となり、誤りもあるかと思いますが、ご了承ください

121104121232z2.jpg121104121232
久しぶりの「上高地」

「梓川」を遡り、「大正池」付近から「穂高連峰」が見え始めると、鳥肌が立ちます

こんなスゴイ景色が日本にあるなんて・・・と、いつも感動

さらに、雲が出易くなる午後なのに、稜線に雲が被らずくっきりと見えるなんて、
生涯に何度も無い事・・・感動が更にアップしちゃいます

121104121431z2.jpg121104121431
人気の「河童橋」、毎度の事ながら、写真を撮る人で賑わいます

121104121539z2.jpg121104121539
左から「天狗岩」~「ジャンダルム」~「ロバの耳」~「奥穂高岳」(3190m)

「松本観光今ペンション協会」さんのリンク先のパンフで山名を紹介されています
(pdfファイルです)
2ページ目を参考にしてみて下さい

121104121611z2.jpg
121104121611
相変わらず、流れが美しい「梓川」

水源は「槍ヶ岳」で、その雪解け水はこの先、「犀川」、「千曲川」、「信濃川」を辿って
日本海に流れ込みます

121104121625z2.jpg121104121625
真正面の尾根の窪みが「天狗のコル」、その右の峰が「ジャンダルム」、左が「天狗岩」
「天狗岩」の左に「間ノ岳」、その左、3つめ(多分)の峰が「西穂高岳」

121104121726z2.jpg
121104121726
この後、「梓川」に沿って、「明神池」まで散策へ

121104121957z2.jpg
121104121957
清流の中で青々とした水草が揺れています

121104123018z2.jpg
121104123018
標高1500m前後の「上高地」

日陰では雪が残っていました

20121103gifu14z2.jpg
「河童橋」から「明神池」までは探索路で1時間弱

さらにその奥にある「徳沢」まで緩斜面で散策可能なのですが
いつも、この「明神池」でひっかかってしまって、未だ、訪れた事がありません

撮影日:2012年11月03日~05日
つづく

過去の散策旅シリーズ:
初期のブログでは、小さい文字サイズ、写真サイズを使用していました。
今回、この「過去の散策旅シリーズ」では、リサイズした上で、必要に応じて
加筆、訂正を行っております

34:飛騨方面へ(岐阜・長野県)

33:和歌山方面へ(和歌山県)

32:瀬戸内方面へ(山口・岡山・滋賀・愛知県)

31:上越市方面へ(長野・新潟県)

30:夕陽を(東京都)(全7回)

29:鎌倉・江ノ島ハイク(神奈川県)(全28回)

28:ハスを見に(埼玉県)(全8回)

27:梅雨半ばの猛暑日に(山梨県)(全10回)

26:30分のショー(茨城県)(全12回)

25:朝飯前の散策(神奈川県)(全15回)

24:花便りから(東京都)(全15回)

23:記憶を辿って(千葉県)(全17回)

22:武蔵野辺り(東京都)(全14回)

21:改正前に(新潟・長野県)(全16回)

20
雪見の旅・飛騨(岐阜県)(全23回)

19:会津へ雪見(福島県)(全20回+1回)

18:国道300号線を通って(山梨県)(全18回)

17:京都気分と富士山と(神奈川県)(全21回)

16:晩秋(長野県)(全19回)

15:水を巡って(神奈川・静岡県)(全20回)

14:下栗へ(愛知・長野県)(全17回)

13:と、駅弁1。(埼玉・群馬県)(全16回)

12:特別公開へ(栃木県)(全14回)

11:特別見学会へ(埼玉県)(全2回)

10:ダム内部 特別開放(神奈川県)(全16回)

:京都1day(京都府)(全12回)

:雪見の旅(新潟・長野県)(全33回)

:小海線で散策(長野・山梨県)(全26回)

:上越国境の散策(群馬県)(全19回)

:戸隠・信濃大町の旅(長野県)(全47回)

:碓氷峠界隈を散策(群馬県)(全27回)

:花と駅と(茨城県)(全12回)

:山梨・2014さくら(山梨県)(全18回)

:花咲く道を散策:(群馬県)(全10回)
関連記事

2021.10.23 


Secret