サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

「雪見の旅」のトップ記事はこちら

車内からの撮影で窓ガラスの反射が
映り込んでいる写真があります

姨捨駅の駅舎の中です

140207165211a2.jpg

14.02.07.16:52.11.
標高551mの「姨捨」駅の駅舎は
2010年にリニューアル

綺麗な駅になっています

この駅を訪れるのは、かれこれ4回目でしょうか・・・。
景色も良いですが、趣きもあって、好きな場所です

この「姨捨」駅は無人駅ですが、
昼間は地元の方が管理されています。

2012年の訪問時、棚田を巡る際、重たいバッグをどうしようかと
思案してお尋ねしたら、「事務室で預かるよ」って・・・
親切に、預かって頂きました

140207165528a2.jpg
14.02.07.16:55.28.
夏はツバメが巣を作っていた「姨捨」駅の駅舎

この季節にはツバメも居ないし・・・

訪れるのは、私くらい?


140207170557a2.jpg

14.02.07.17:05.57.
17時を過ぎて、ようやく夕方っぽい風景

長野市内のアメダス、この日、17時10分の気温は
-2.2度by気象庁

長野市より標高が高い「姨捨」駅はもっと冷えています

この寒い中、夜景を見に来たのですが・・・
まだ薄暮状態

夜景となるまで、あと何分かかるのか

次の長野行の電車は17:19発・・・あと14分です

その次は、18:16発・・・1時間11分後
その時間なら確実に夜景ですが、
ずっとこの駅に居ないとなりません

耐えられるのか・・・迷い所


140207171652a2.jpg

14.02.07.17:16.52.
長野行きの電車が到着

まだ夜景どころか、夕闇の雰囲気もありません

何度もチャンスがある訳でもないし・・・
あと1時間、姨捨駅に居る事にしました


140207171745a2.jpg

14.02.07.17:17.45.
普通電車が「姨捨」駅に停車中に
名古屋行き特急「しなの」が駆け上がってきます

名古屋到着は20:05・・・2時間の旅


140207171754a2.jpg

14.02.07.17:17.54.
この特急「しなの」には何度か乗車しました

風光明媚な木曽路を「振り子」を使って
100km/h超で駆け抜けます

窓が広くて、景色を満喫・・・
新宿から松本へ走る「あずさ」と共に
大好きな路線のひとつです


140207171934a2.jpg

14.02.07.17:19.34.
特急「しなの」が走り去った後、
長野行き普通電車が発車

スイッチバックなのでバックして、引き込み線へ向かいます
その際、進行方向の運転席には運転手さんは居ません

後尾の運転席で操作してバック運転になります


140207172023a2.jpg

14.02.07.17:20.23.
行っちゃった・・・

あと1時間ちょっと、姨捨駅に滞在します

今回の鉄道旅の切符・・・
都内-六日町-直江津-長野を「通し」で購入
距離が長くなるほど、安くなるからです。
それなら、長野ではなく、姨捨まで「通し」にすれば
もっと安上がりになる筈・・・と調べたら、
都内-六日町-直江津-長野が5890円なのに
都内-六日町-直江津-長野-姨捨は6410円

長野-姨捨を追加するだけで520円高くなる・・・

普通に、長野-姨捨の切符なら400円

丁度、距離による運賃枠の境目に
当たってしまったみたい

なので、都内-長野、長野-姨捨の切符は
別々に購入する事にしました


140207172140a2.jpg

14.02.07.17:21.40.
一旦、引き込み線に入った「長野」行き電車が
加速して、坂を下っていきます

まだ夜景というには明るい時間帯

でも、寒さは・・・シンシンと感じる時間帯


140207172446a2.jpg

14.02.07.17:24.46.
動き回っていないと凍えるので一旦、駅を離れます

こじんまりとした駅舎、瀟洒な雰囲気です
鉄道以外、千曲市の巡回バスが1日数便、来ます


140207173426a2.jpg

14.02.07.17:34.26.
姨捨駅の西側にある踏切を渡ろうとした時・・・
丁度、長野行の特急「しなの」が来ました

特急電車は1時間に1本ペース、
昼間帯は普通電車より多いです

この踏切を渡って、「姨捨公園」に行ってみます

つづく


関連記事

2014.02.28 


Secret