サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「ついでに乗り鉄の旅」のトップ記事は
こちら

20211114114552a2.jpg
20211114114552
「高山本線」と「国道360号」、蛇行する「宮川」の流れに
沿いながら、橋梁やトンネルで峡谷を突き進んでいます

国道はスノーシェッドが連続・・・既に通ってきた「旧河合村」、
この先通る「旧宮川村」地域は「豪雪地帯」指定のさらに上、
「特別豪雪地帯」に指定されているそうです

20211114114728a2.jpg 20211114114728
その「宮川」地区の町が見えてきました

この集落の標高は400mほどですが、両岸の山並みは1200m越え

20211114114823a2.jpg
20211114114823
この界隈を走ってきてて・・・ちょっと気になったのが

コレはなんだ?

分岐器に配置されているこの機械
太いパイプが組みこまれて・・・下向きの排出口
一方は地面の中にパイプが繋がり
分岐器部分はカバーで覆われています

想像するに、融雪装置?

分岐器の融雪でよく見るのがカンテラですが、有数の豪雪地帯で
運行数も少ない路線・・・ボイラーで湧かしたお湯とか水蒸気を
分岐器に送って、雪が積もらないようにしてるのかな?と。

20211114114852a2.jpg
20211114114852
宮川地区にある「坂上」駅に運転停車・・・上り普通列車との交換

ただ、こちらが20分近く遅れての到着なので、通常は次の「打保」駅での交換のようです
(時刻表上では、上り普通列車は打保駅で6分停車になっています)

客扱いをする普通列車は、上下8本ずつが停車する駅です


20211114115234a2.jpg
20211114115234
「宮川」の水量が増えてきています・・・この先にダムがあるのでしょう

紅葉した木々が続いていますが・・・
まだお昼前なのですが、谷が深いからか陽射しが当たっていません


20211114115246a2.jpg
20211114115246
川幅は100m近くになっている感じ

この辺りは進行左側の景観がよさそう・・・
何度か乗車していたら、それを見越して位置を変えるのですが
初乗車の路線で見当がつかず、出遅れてばかり・・・。


20211114115424a2.jpg
20211114115424
「国道」の大きな橋が見えてきました・・・「宮川新大橋」

「国道360号」のバイパス路線に架かっている橋で
旧道はこの「高山本線」に沿った右岸側を通っています

この橋はアーチ橋となっていて、道の上に構造物が架かっていますが
豪雪地帯なのでつららや積もった雪が道の上に落ちてくる心配があり
梁の角度や塗装で積もる前に落ちるよう工夫がされているとか・・・

豪雪地帯では、普段、気に留めない事への対処も必要なのですね


20211114115706a2.jpg
20211114115706
「宮川新大橋」のすぐ下流側に「打保ダム」・・・再び、水量が減っています

この辺りから「宮川」は蛇行を繰り返しています(下の地図の大きな円部分)
右岸側は、急峻な崖となり、国道は連続スノーシェッド


20211114115951a2.jpg 20211114115951
下に「国道360号」が見えていますが
約2年後には正面の山を貫くトンネルが完成するようです

完成後はここも「旧道」という事になるのでしょうか


20211114hida18a2.jpg
「坂上」駅と次の「打保(うつぼ)」駅との駅間距離は9.9km

「坂上」駅で交換した普通列車は、こちらが20分近い遅れだったから
「打保」駅からひとつ先に進めた?

中途半端な遅れだったら、上り列車も「打保」駅で待つしか無く
遅延に巻き込まれていたのかも


訪問日:2021年11月13~14日
つづく
関連記事

2021.12.11 


Secret