サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「飛騨の次は木曽」のトップ記事は
こちら

20211218093245a2.jpg
20211218093245
「多治見」を発車します

ここ「多治見市」は「岐阜県」・・・「中央西線」は「木曽路」を走る
イメージから「長野県」をメインに思い浮かべそうですが・・・

「多治見市」、「土岐市」、「瑞浪(みずなみ)市」、「恵那市」、「中津川市」と
「岐阜県」の「市」を走り抜けます

フロント窓に「A1」・・・と。
「A」は383系の基本編成である6両の編成を示すそうです

その「1」・・・第1編成

一番最初にデビューした「383系」のようです
(だから、ローレル賞のプレートが飾られていたのですね)


20211218094614a2.jpg 20211218094614
スピードメーターは128km/h付近を指しています

先行電車と詰まっていなければ、
カーブも高速通過(通常車両より+35km/h)が出来るので
乗っていて、そのスピード感に気分が高揚しちゃいます

20211218094958a2.jpg
20211218094958
視界に大きな山塊が広がります

左側の山腹、白く見えます・・・雪?


20211218095020a2.jpg
20211218095020
「恵那」の街が近づいてきました

「恵那」の「ルートイン」、何度か泊りました

やってくるタキ(燃料用タンク車)が連なる貨物列車・・・牽引するのは「EF64-1044」

20211218095355a2.jpg
20211218095355
「美乃坂本」駅を通過

やっと、日本百名山の「恵那山」(2191m)の姿を確保

ずっと、進行右の窓先に見えていたのですが、側面窓に残っていた
雨が流れた跡に陽射しが当たり、撮っても芳しくない画が続いていました

この「美乃坂本駅」、「恵那山」が正面に見える数少ないチャンスでした

ところで、「みの」の表記は「美濃」が一般的ですが、駅名は「美乃」
「濃」の字画が多いので、「乃」にと、地元の方の陳情の結果、だそうです

将来、この辺りを「リニア」が通り、車両基地も出来るとの事・・・・と。


20211218095747a2.jpg
20211218095747
9時57分、「中津川」に到着します・・・遅れは10分と変わらす、です

隣のホームにも特急車両が・・・9時53分発の「ワイドビューしなの4号」かも。
あちらも4分ほどの遅れ

ここから、いよいよ「木曽路」の山間地に入ります
単線区間も点在するので、遅延が増す可能性も・・・(;´・ω・)


20211218kiso03a2.jpg
現在の「中津川市」の一部は「長野県」に属していましたが、編入されて「岐阜県」へ・・・。

有名な観光地「馬籠」も長野県から岐阜県に編入された地域

訪問日:2021年12月18日
つづく
関連記事

2021.12.30 


Secret