サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「次は中央東線」のトップ記事は
こちら

20220122102001a2.jpg 20220122102001
「下諏訪」駅の先から単線高架となり、「八ヶ岳」の姿が良く見えます

右から「編笠山」、「西岳」、「権現山」・・・「小淵沢」駅付近で見えた山々です

中央の一段高い部分の右が「阿弥陀岳」(2805m)、左が最高峰の「赤岳」(2899m)
更に左に「横岳」(2829m)、「硫黄岳」(2760m)、「根石岳」(2603m)、
「天狗岳」(2646m)と続いています

「硫黄岳」と「根石岳」(左端の山塊の右の頂き)の間にある「夏沢峠」を境にして
左側(北側)を「北八ヶ岳」、右側「南側)を「南八ヶ岳」に分かれるそうです

JR「中央東線」は、「茅野〜上諏訪」間にある「普門寺信号場」から「岡谷」駅の
11.5kmの区間が単線でボトルネックになり、遅延の原因のひとつにも・・・。

高架複線化の要望もあるようですが、諏訪湖の東・南部は温泉がある上、軟弱な
氾濫平野で地盤沈下が著しいそうです。更に現在の路線周辺は建物が密集していて
土地の確保も難しく、複線化するなら今の市街地から離れた所に移設・・・例えば、
中央自動車道のように諏訪湖西岸とか。しかし、そうなると諏訪湖温泉街は
素通りの形になるため、地元的には現状維持とせざるを得ないようです


20220122102840a2.jpg20220122102840
長い「塩嶺トンネル」(5994m)を抜けて「松本盆地」に入ります

奥の方から「中央西線」が合流して、「塩尻」駅に到着

昨年12月、名古屋から「ワイドビューしなの」で訪れて以来です
あの時は、ホームにも雪が残っていたのですが・・・
今回はその痕跡が全くありません(大丈夫か?)

20220122102900a2.jpg20220122102900
3番、4番線ホームにある「葡萄の木棚」

天棚部分に枝が広がっているのみ、です

20220122103125a2.jpg20220122103125
「塩尻」駅を出発・・・車窓右側に雪山

「鉢伏山」(1989m)でしょうか?

20220122103137a2.jpg20220122103137
車窓左側には「北アルプス」

左側の山塊が「穂高連峰」・・・一番高く見えるのは「奥穂高岳」or「前穂高岳」?
右側は「大滝山」(2616m)or「蝶ヶ岳」(2677m)でしょうか?

20220122103738a2.jpg20220122103738
10時37分、ほぼ定時で「松本」駅に到着します

20220122103901a2.jpg20220122103901
「松本」駅で後部3両の切り離し作業・・・4分停車します

12月にも見ましたが、アルピコ交通「上高地線」の電車が留置されています
昨夏の大雨で「田川」の橋梁が被災し、半年以上、車庫(新村駅)に戻れず・・・。

復旧作業は、渇水期になる冬からと言う事で、すでに開始されているとか
・・・全線運転再開は6月の予定だそうです

20220115ohito05a2.jpg
「松本」からは「大糸線」に入線します

訪問日:2022年01月22日
つづく

関連記事

2022.02.02 


Secret