20220205162847a2.jpg20220205162847
ちょっと前から気になっていた映画・・・
東宝のゴジラ、大映のガメラ、松竹のギララ
さらにウルトラQから延々、続いたウルトラシリーズ
ジャイアントロボ、仮面の忍者赤影・・・に登場してきた怪獣たち

それらは最後に、人類の近代兵器や怪獣同士の戦い、自然災害等で
倒されてきた訳ですが、一部の映画やTVではその死体が残ったまま、エンドロール

今日、見てきた映画は、その怪獣の死体のあとしまつをどうつけるかが題材

有りそうでなかった、ストーリーが気になっていました
また、そんな内容なのに、意外と豪華な登場人物

ネットで前売券を購入していたのですが
昨日公開されたら、その映画評がネットニュースですごい取り上げられようで

酷い映画、お金をどぶに捨てる、始まった瞬間からガッカリ
笑えるところも笑えない
今年の映画のワースト・・・等々

また再び、コロナ禍が爆発的に広がりだしてきた中、
わざわざ見に行く価値があるのか、不安になって、一旦は
それこそ、決済してしまったけど、ドブに捨てても、と思っていたのですが

シート予約で見たら、ガラガラ状態ですし、
館内ではマスク二重にし、単に映画館往復のみ・・・と

結局は行って、見てきました

「大怪獣のあとしまつ」
20220205133406a2.jpg20220205133406
見た感想ですが・・・酷い映画とは思いませんでした

目の肥えた方々からだとつまらないのかもしれませんが
わたし的には結構、面白かったです

内容的に、おちゃらけたり、わざとっぽい演技が目に付くのかもしれませんが
それはストーリーの方向性からも致し方ないし、くすっと笑うつもりであれば、◎

決して、お金をドブに捨てたとは思いませんでした

結末は・・・作家の方も悩んだのだろうな、と。
昔の、ラドンだって、フランケンシュタイン対バラゴン、サンダ対ガイラも
突然、出現した火山の噴火に飲み込まれてラスト、という無理やりのラストで済ませたのですし

今回のもコレはコレで・・・もし予想外の好評で「続」を作るのにも繋がる(かも)のラストでした

わたし的には、昔の「マタンゴ」や「犬神家の一族」とか、かつての映画を
パロディ的にまぶしてあって、それぞれのシーンがどんな映画から取ったのかな?と
思い描きながら見る事ができました

20220205160017a2.jpg
20220205160017
ひとつ想定外だったのが・・・館内の入り

酷評のひとつに・・・あまりにも酷い映画との批評を聞いて、
逆に訪れる人が多いかも・・・というのあったのですが

実際、今日見た回は、当日客も増えたのか、ほぼ満席(入館時)

客層は、主演の子がジャニーズ事務所で、女性陣やカップル
怪獣ものという事で、わたし世代も目立つ、幅広い世代でした

エンドロールの最後・・・次回作も「半分の予算で」と流れました
また、次の死体の映画タイトルは「メラ」とか・・・
怪獣ものが好きな方にはすぐお判りになるかと
分別(ゴミ)する際は、甲羅とそれ以外と別れる、かもしれないそうです

実際、公開されたら、多分、見に行くと思います

公式映像です



撮影日:2022年02月05日
関連記事

2022.02.05 


Secret