20220417115713a2.jpg20220417115713
メダカが居る睡蓮鉢・・・ここには孫世代が住んでいます

ちょっと緑っぽくなっていますが、鉢底まで見えていて
透明度は良好です

20220417115720a2.jpg20220417115720
こちらは子世代が住んでいる鉢ですが、水が深緑色になってしまっていて
鉢の壁にも藻がびっしり付いています

20220417115723a2.jpg20220417115723
こちらは親世代が住んでいる鉢
やはり深緑色の水ですが、藻は殆ど付着していません

水が汚れた原因のひとつが、昨年の秋、
水草が少なくなり、補充しようとしたのですが、
通常の品が売り切れで、サイズも大きく、数も多いタイプを購入

3つの鉢に分けて投入したのですが、冬場の日光不足、
酸素不足からか、一部が溶けていき、水質の悪化に・・・。

このままだと、マズいと・・・水の交換をする事にしました

20220417115726a2.jpg20220417115726
準備したのが、仮住まいの「ケース」、「水替えピッチャー」、水ごとネット
ビニール袋には「エビとたにし」が入っています

いずれも昨晩、到着しました

20220417125635a2.jpg20220417125635
前の写真から1時間後・・・やっと、子世代のメダカの移動完了

最後の方、鉢底に溜まっていた泥にまみれたエビの確保に苦労しました

ひたすら、屈んでの作業で腰が痛い・・・

20220417125640a2.jpg20220417125640
鉢に付着した藻を擦り取り、睡蓮をいれたボールもざっと洗浄しました

清掃後、ボールを再セット、傷んだ(色変わりした)部分を除去した水草も再投入

20220417130704a2.jpg20220417130704
ケースの縁中央のスポンジ部分・・・これが結構、お役立ち部分です

雨天等、水があふれた際、幼魚だと縁から流れ出てしまう可能性があります

しかし、この窪み部分のスポンジを通して排水されるので、
縁から流れ出る危険が小さくなります


20220417130709a2.jpg20220417130709
仮住まいでは、子世代のメダカが食事中

20220417131126a2.jpg20220417131126
満水になってもしばらく、かけ流して細かいゴミを排出

一応、水の改善液も入れましたが、仮住まいと水温の差を
近づけるため、引っ越しは明後日頃に・・・。

次の週末は、親世代の鉢の清掃予定です

20220417131912a2.jpg20220417131912
昨日の記事にアップした、「何か」の発芽・・・移植しました

鉢は栃木県大谷で購入した、大谷石の鉢です

撮影日:2022年04月17日

関連記事

2022.04.17 


Secret