サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「久しぶりのほくほく線」のトップ記事は
こちら

20220409130752a2.jpg20220409130752
えちごトキめき鉄道・妙高はねうまライン「新井」駅

6分の停車の後、発車

駅の標高は約60m・・・ここからは「妙高高原」方面への上り坂が始まります
20220409130901a2.jpg20220409130901
小さな小川ですが、思わず二度見しちゃうほどの激しい流れ・・・
もし川の中に入ったら、とてもじゃないけど立っていられない程

雪解け水が一気に流れてきているのでしょうか

20220409131118a2.jpg20220409131118
田畑に再び、雪が広がってきています

20220409131150a2.jpg20220409131150
右へ左へカーブしながら、25‰の急勾配が続きます

20220409131213a2.jpg20220409131213
線路付近の雪は融けていますが、木々の周囲の雪はまだ分厚そう

20220409131255a2.jpg20220409131255
左カーブをすると、平坦な線路と並走
(最後尾から見ています)

20220409131303a2.jpg20220409131303
この分岐器を渡ると、そのまま本線を進む形になります

入ってきた線路は引上線です

20220409131358a2.jpg20220409131358
一旦、停車

20220409131416a2.jpg20220409131416
運転士さんは席を移動しないまま、バック運転を開始
篠ノ井線、「姨捨」駅のスイッチバックと同様ですね

一方、「箱根登山鉄道」のスイッチバックでは
運転士さんと車掌さんが移動します

「箱根登山鉄道」線の場合は
駅構内の移動ではなく、後退距離も長いからでしょうか

20220409131427a2.jpg20220409131427
右側が、「新井」駅から登ってきた線路

車両は真っすぐ進んで「二本木」駅ホームへ向かいます

20220409131458a2.jpg20220409131458
構内には、ホームへの線路の他、何本か線路が残っていますが
現在は使用されていないようです

20220409131512a2.jpg20220409131512
長いホームに2両編成の車両が進入していきます

20220409takada19a2.jpg
「二本木」駅の標高は約183m

「新井」駅から120mほど登ってきました

ここから先、さらに登っていきます

訪問日:2022年04月09日
つづく
関連記事

2022.05.12 


Secret