20220516122835a2.jpg20220516122835
自室で、父が使っていた「ライティングデスク」を収納スペースとして使っていたのですが
長年の使用で、たわみが発生・・・引出しがひっかかったりして、そろそろ限界かな?と。

昨年辺りから、代替の収納器具を検討してて・・・
個人的には、スタイリッシュなこちらを有力候補として検討していたのですが

もう一枠、横に追加(4枠に)出来たらベストなのですが、そのタイプがなく
5枠の製品だと、数cmの違いで収まり切らず・・・
3枠タイプ+別タイプの収納を買い足さないとなりませんでした。

収納棚を選ぶ際、選択のポイントのひとつが、写真上にある
鉄道模型のレイアウト
現状、固定出来るスペースが無く、何かする毎に移動
そのため、配線が断線したり、破損したりでボロボロに・・・。

これは練習台とする事にして、再度、新たに購入・制作する事を考えていて
新たな収納スペースには、置く台としての役割を持たせたいと。

で、市販の物を探したのですが、最終的にはある程度、フリーに
レイアウトが出来るタイプに行き着き・・・所謂、金属ラックにしました

写真は下半分のみですが、支柱の高さは190cmあり、
上方にはかなりの収納スペースを持たせています
収納棚の部分は、120cm(幅)×45cm(奥行き)×190cm(高さ)
レイアウトをのせた部分は、120cm(幅)×35cm(奥行き)の板を繋いでいます

また、この棚の右隣には別に
75cm×35cm×190cmの棚を横向きに配置
下部に可動タイプの本棚を収容出来るように組みました

もうひとつのポイントが、昨今、収集していた鉄道模型の車両たち

小型のショーケースに収めていましたが、その数が7ケースとなり
これ以上既存の場所に並べるのは無理・・・状態。

ならば、新たな収納棚に収めるスペースを設けるようにレイアウトを・・・。
20220516123445a2.jpg
20220516123445
今までは、スライド式の本棚の上に置いてありましたが
位置が高くて、鉄道大好きな孫が見るのに、いちいち踏み台を置いてで移動も大変

また、ショーケースの置き場所が私の寝具のすぐ脇・・・一応、背後の壁と紐で繋いでいますが
万が一、大地震が発生したら、シューケースが頭上に落ちてくる、かも(こちらの方が重要)


20220516123509a2.jpg
20220516123509
孫たちが見やすくするのと、高い位置からの落下による被害を少なくするために
ショーケースは台車のように組んだ車輪付きラックに載せています
(ラックとはテグスで繋いで固定)

そして新たに設置する収納棚の下部をオープンにして、そのラックを収納出来るようにしました

20220516123532a2.jpg
20220516123532
手持ちの鉄道車両・・・現状、7ケースのショーケースに入りきらず
全てをこの場所に収容できませんでしたが・・・。

ライティングデスクに入っていた物も収納しないとならないため
形状やサイズにあわせて、収納ボックスを注文・・・
ただ、GW時期に入ってて、注文しても、配送はGW明けとかもあり
片付いたのは、まだ半分くらいでしょうか

とりあえず、配達していただいた品から配置していきました
いずれ、最終的に整理していく予定・・・
(生活しながらの入換えなので、生活スペースの確保が優先)

20220516123706a2.jpg20220516123706
このショーケースを載せたラック

床面との隙間は、家にあるお掃除ロボットが入り込める高さに調整しています


20220516123733a2.jpg20220516123733
ショーケースは横長タイプと縦長タイプの2種類

横長タイプは、一段に20m車3両が2線分、それが6段
縦長タイプは、一段に20m車2両が3線分、それが9段

それぞれ、ひとつのショーケースに計算上、36両、54両収納されるのですが


20220516123849a2.jpg20220516123849
計画が狂ったのが、フル規格の新幹線車両

実車が25mで、模型もそれなりに長くなり、
横長タイプのショーケースでも1線に2両しか入れず・・・


かつての東北・上越新幹線の200系の9両編成だと
それだけで2.5段分のスペースを取ってしまいました


20220516123915a2.jpg20220516123915
今回、ショーケースを載せるラックはルミナス製品で組み
全体的な収納部分は、エレクター製品で組みました


撮影日:2022年05月16日
関連記事

2022.05.18 


Secret