サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「日本2位の小さな水族館」のトップ記事は
こちら

20220604075830a2.jpg
20220604075830
「ひたち3号」に乗車します

茨城県の2箇所の水族館・・・ひとつは「土浦」駅からバスで向かう
「かすみがうら市水族館」

小さい水族館ながら360度の大型水槽があり、
透明骨格標本ガチャがあったり、魅力的だったのですが
往復のバス(所要50分)の本数が少なく、行程がキツくて・・・。

もうひとつが、水郡線「山方宿」駅から徒歩5分の「山方淡水魚館」

これまで水郡線には乗車した事が無かった事も決め手のひとつで
可能なら、終点の「郡山」駅まで乗り通してみたかったのですが
こちらも本数が少なく、今回は「山方宿」往復にしました
20220604080239a2.jpg 20220604080239
この「ひたち3号」・・・「仙台」駅まで直通するようになった
3往復の初電ですが、意外と乗客は少なめ

上野から乗り通すのは、やはり「乗り鉄」くらいでしょうか・・・。

20220604080717a2.jpg
20220604080717
隅田川を渡ります

晴れていますが、不安定なお天気なようで、傘は必携
ちょっと肌寒い感じもあったので、半袖の上に長袖ニットを・・・。

20220604081133a2.jpg
20220604081133
「綾瀬」駅を過ぎて・・・地下鉄直通の小田急ロマンスカーが出庫中

この「ひたち3号」、前がつかえているのか?速度を抑えての走行
いつもなら、100km/h前後で通過する「北千住」駅もソロリソロリ・・・と

20220604081446a2.jpg
20220604081446
「江戸川」を渡り、千葉県へ・・・先に見えるのは「東京外環自動車道」

帰宅後、調べたのですが、「上野~水戸」間の所要時間
乗車している「ひたち3号」は途中、2駅停車で78分
7時発の「ひたち1号」は途中、2駅停車で70分
9時発の「ひたち5号」は途中、無停車で76分
10時発の「ひたち7号」は途中、無停車で65分
11時発の「ひたち9号」は途中、無停車で66分

停車駅数の違いもありますが、ばらつきのある所要時間です
それでも、この3号が最も・・・遅いです

20220604084704a2.jpg
20220604084704
茨城県に入って、ようやく高速運転・・・

20220604085022a2.jpg
20220604085022
「土浦」駅に到着

20220604085747a2.jpg
20220604085747
「土浦」界隈となると、「筑波山」(877m)ですが・・・

あの傾斜が「筑波山」っぽい

20220604091052a2.jpg
20220604091052
小麦でしょうか・・・黄金色が広がっています

20220604092114a2.jpg

20220604092114
9時18分、「水戸」駅に到着

乗り換えの水郡線は9時23分発・・・と5分しかありません

ホームの移動距離も結構、あって、バタバタしながら、乗り場に到着

1本前の「ときわ51号」(水戸:8時49分着)にしておけば
慌てずに済んだかも・・・。

訪問日:2022年06月04日
つづく
関連記事

2022.06.17 


Secret