サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「避暑のつもりで滝巡り」のトップ記事は
こちら

20220702104805a2.jpg
20220702104805
「里見」駅に到着・・・12分、停車するとのアナウンス
2回目のトイレ休憩ですね

構内踏切で貨車が留置されているホームへ行ってみる事にします

ところで最後尾の客車には乗務員用扉がありまして・・・
SLにしても、DL(ディーゼル機関車)、EL(電気機関車)にしても
通常なら先頭車となって客車を牽引します。さらにSLだと
車両の向きを変える(変えずにバック運転できる仕様もあります)のですが

前に「小湊鐡道」に乗車した時、ターンテーブルの存在に気づきませんでした
広い五井駅構内だと、どこか見えない場所にあった可能性もありますが
狭かった「養老渓谷」駅に有ったかな???と・・・。
20220702104303a2.jpg20220702104303
ホームでは飲み物や軽食を販売中

暑いのでかき氷と冷たい飲み物が人気ですね

20220702104357a2.jpg20220702104357
長い停車時間の合間に、
先頭の方から乗務員さんが、足回りの点検を・・・。

20220702104416a2.jpg20220702104416
殆どのお客さんがホームに下りているようです

ふと、先を見ると、機関車の次位の客車に「乗務員扉」が無いように見えますが・・・
帰宅してから調べたら、プッシュプル運転だったのです

プッシュプルとは機関車の位置を変えずに、最後尾の車両に運転設備を配置し
この場合は、客車を推す方式で、帰路は運行していたそうです

早く気づいていたら、最後尾の客車もじっくり観察したのに・・・

20220702104438a2.jpg20220702104438
文字の太さがまちまちで手書きっぽいです

20220702104453a2.jpg20220702104453
下り線の側線側には無蓋車が留置中・・・こちらも木製のようです

20220702104522a2.jpg
20220702104522
歴史を感じる車体

20220702104511a2.jpg20220702104511
窓と扉が付いていました

車掌室付きの貨車・・・ワフ1形ワフ1号だそうです
車掌室より貨物室の方が広いようですね

20220702104922a2.jpg20220702104922
車内ではビールや冷酒を飲むお客さんも・・・。

私はこの後、歩く予定なので・・・アルコールは我慢、我慢

訪問日:2022年07月02日
つづく
関連記事

2022.07.29 


Secret