サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

「鎌倉・江ノ島ハイク」のトップ記事はこちら

「極楽寺」駅に着きました

140315115511a2.jpg

14.03.15.11:55.11.
トンネルの中から音が聞こえてきました

「鎌倉」から「藤沢」へ向かう江ノ電です
このトンネルは江ノ電の路線で唯一のトンネル

「江ノ電」の正式社名は「江ノ島電鉄株式会社」
この「江ノ電」の「の」は「ノ」ですが
道の標識等では「江の島」・・・「の」の表記です

元々は「江ノ島」でしたが、1966年に新しい
住居表示が実施されて「江の島」になったそうです。

ただ、史跡や交通機関では歴史もあって、
変更しないまま使用しているケースも多いのだとか。

ちなみに各交通機関の「江の島」駅は
「江ノ電」は「江ノ島」駅、
「小田急」は「片瀬江ノ島」駅ですが
1966年開業の「湘南モノレール」は
「湘南江の島」駅になっています

140315115519a2.jpg
14.03.15.11:55.19.
「桜橋」という江ノ電の線路上にかかる橋から・・・
行先表示板に桜の花が彩られています

このトンネル・・・「極楽洞」と言うそうですが
電気鉄道として今なお建築当時の原型を留め
全国的にも希少である事から
鎌倉市の「景観重要建築物」に指定されているそうです


140315115621a2.jpg

14.03.15.11:56.21.
「極楽寺」駅を発車した江ノ電

電車の横の壁の辺り・・・
昨年の元旦、1月1日早朝に土砂崩れが発生
そのため、初詣客15000人が影響を受けたとか・・・


140315115710a2.jpg

14.03.15.11:57.10.
「極楽寺」駅のホームを見渡せる所にある
「極楽寺」

正式には「霊鷲山 感応院 極楽律寺」
創建は1259年・・・だそうです

「山門」が茅葺きで素朴な雰囲気


140315115835a2.jpg

14.03.15.11:58.35.
正面に「本堂」が見えます

参道の両脇は桜並木です。
開花したら、桜のトンネルになりそう・・・

この写真は「山門」の前からズームで撮影
・・・境内は「撮影禁止」なので
「極楽寺」の写真はこれだけです


140315120035a2.jpg

14.03.15.12:00.35.
再び「桜橋」を渡り、坂を下ると
江ノ電「極楽寺」駅の駅舎があります

開業は1904年・・・明治37年とかなり古いです
1999年に「関東の駅百選」に選ばれたとか・・・。


140315120216a2.jpg

14.03.15.12:02.16.
「極楽寺」駅から「稲村ヶ崎」駅方面に歩きます

この電車は1979年から運転されていて
1980年のブルーリボン賞を受賞した車両です

正面運転台のガラスは微妙に角度が変えられていて
ちょっと幾何学風に見えます


140315120232a2.jpg

14.03.15.12:02.32.
後ろ側2両は1990年から運転された車両
1990年のグッドデザイン商品に選定されたそうです

江ノ電は2両編成の電車を2つ繋いで
4両編成で運転されています

それでも、シーズンの休日はぎゅうぎゅう満員に
なる事もしばしば


140315120524a2.jpg

14.03.15.12:05.24.
極楽寺」駅の近くに江ノ電の車庫がありました

皆、仕事中みたいで車庫は閑散としていましたが
1編成だけ休憩していました
この電車は1960年(昭和35年)から営業・・・
今年54歳?
江ノ電では最古参だそうです


140315120544a2.jpg

14.03.15.12:05.44.
線路脇の道を歩いていると・・・
フェンスがカットされて線路への石段がありました

これ、線路向こうのお家への入り口です
写真奥には、そのお家の門扉が見えます

このお家に伺うには、江ノ電の線路を
横切らないとなりません


140315120620a2.jpg

14.03.15.12:06.20.
(写っている範囲に3カ所)フェンスがカットされ
向かい側のお家の入り口が並んでいます

gokurakuji.jpg
「極楽寺」駅から江ノ電の車庫を過ぎ
「稲村ヶ崎」駅方向へ進みます


「北鎌倉」駅からの歩行距離・・・約7100m
(施設内の散策距離も含みます)
(山間部の道のりはヤマレコのデーターを参考にしています)

つづく
関連記事

2014.03.31 


Secret