サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「京都の水族館と鉄博と」のトップ記事は
こちら

20220905112231a2.jpg20220905112231
「京都水族館」の入館口の真上・・・2階にあるのが「イルカ スタジアム」です

普段、定期的に「パフォーマンス」が開催されるそうですが
訪問日はは休止となっていました

コロナ禍で密になるのを避けるための休止かと思ったら

4頭いる、バンドウイルカの中、「キア」さんの出産環境を整える
対応策のようです

当初は、3頭でパフォーマンスを行っていたそうですが
8月中旬からは全てのプログラムを休止

9月上旬まではスタジアムの入場可ですが、出産が
近づいたら、封鎖の予定だそうです

今回、訪れた時は、スタジアム内の入場はOKでした

イルカの姿を見る事が出来ただけでも、ラッキーだったかも
20220905112308a2.jpg20220905112308
パフォーマンスは休止でも、スタッフさんとの意思疎通は行っているようです

20220905112345a2.jpg20220905112345
お腹を撫でてもらっています
20220905112422a2.jpg20220905112422
右側に居るスタッフさんのそばに別の水槽があって
(多分、担当している)イルカが過ごしていました

20220905103410a2.jpg20220905103410
「京の海」の水槽ですが、逆方向から見える位置

前記事で、子供たちが見ていた窓だと思います

20220905120058a2.jpg20220905120058
離れた位置に、エイの姿も見えます

20220905120136a2.jpg
20220905120136
写真ではなく、描かれた「魚」の紹介図

前にあった、「サメの洞窟」とは別に「鯛」が生活する水域のようです

20220905120204a2.jpg20220905120204
緩やかに泳ぐ「鯛」

20220905120224a2.jpg20220905120224
魚の王様とも称される「鯛」

やはり威厳がありますね

20220905120256a2.jpg20220905120256
ここで見る事の出来る鯛は「京料理」でもお馴染みの種類なのだとか・・・

20220905120321a2.jpg20220905120321
漁で捕獲された「鯛」がいる一方、水族館で展示される「鯛」も居て・・・

水族館好きな自分がいる一方

魚料理が好きな自分も居る

う~ん・・・

訪問日:2022年09月05~06日
つづく
関連記事

2022.09.22 


Secret