サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

「鎌倉・江ノ島ハイク」のトップ記事はこちら

「腰越」駅に着きました

140315133939a2.jpg

14.03.15.13:39.39.
江ノ電「腰越」駅に到着です

住宅と道路に挟まれた狭いホーム・・・
更に両端に踏切があり、ホームは3両分の長さしかありません
4両編成の電車は、鎌倉寄りの1両はホームから飛び出した形で
停車・・・乗降ドアは3両のみ開閉されます

腰越駅に着く前、散策前にチェックしていた
「生しらす」のお店
開店時間を2時間半も過ぎて、売り切れかな?と訪れてみると
「本日はシケのため、生しらすの入荷はありません」

お天気も良いし、海も穏やかな気がしたのですが
漁の際は、荒れていたのでしょうか・・・

「しらす漁」は3月11日から解禁・・・
チャンスだったのに残念
他のお店でお土産に買うのも無理なのでしょうか

「生しらす」が食べられないとなると
午後1時を過ぎて一段と空腹が増した感じ・・・
どこか食事が出来る所を?と探しました。

目に付いたのは「ケンタッキー」と「吉野家」

腹持ちの良いご飯もの・・・と言うことで「吉野家」に入り、
牛すき鍋膳」(590円)を・・・

このメニュー、前から食べたいと思っていたのだけど・・・
鎌倉・江ノ島で食べるとは

140315134541a2.jpg
14.03.15.13:45.41.
「腰越」駅から「江ノ島」駅の間の約400mを
江ノ電は道路を走ります

路面電車ではよく見られる風景ですが、一般的な電車が
走るのは、京都、広島、熊本とこの江ノ電くらいのようです。


140315134548a2.jpg

14.03.15.13:45.48.

「併用軌道」となっている道路は片側1車線の広さ・・・
電車が通ると、車1台分の広さしか残らないので
歩道はありません
間近を通過していくと、江ノ電の小さな車両でも
4両編成の電車は結構、迫力があります


140315134611a2.jpg

14.03.15.13:46.11.
電車が通る時には、通り沿いの電柱に取り付けられた
電光掲示板に「接近」と表示されます

車は皆、道端に寄せて停車・・・
電車が過ぎるのを待っています


140315134714a2.jpg

14.03.15.13:47.14.
一般のバンタイプが駐車すると電車の線路とは
人ひとりが通れるだけの隙間

大型車の駐車は無理っぽいですね


140315134831a2.jpg

14.03.15.13:48.31.

昼間は1時間に5往復の上下10本
・・・単線ですが、頻繁にやってくる印象です


140315134854a2.jpg

14.03.15.13:48.54 .
近隣の方には見慣れた風景なのでしょうが
電車が来る度に立ち止まって、通過を見入ってしまいます


140315134904a2.jpg

14.03.15.13:49.04.
道幅は車3台がギリギリ並ぶ程度・・・
配達の車も、この通りに停車させる際は
気を遣うのでしょうね


140315135404a2.jpg

14.03.15.13:54.04.
「江ノ島」駅近くの交差点に面した所にある
「龍口寺(りゅうこうじ)」
創建は1337年

境内にあるのが「龍口刑場跡」
鎌倉時代に罪人を斬首する刑場だったそうです
その経緯は、次の写真を


140315135429a2.jpg
14.03.15.13:54.29.
このお寺の隣にあるのが
「龍口明神社(りゅうこうみょうじんじゃ)」

創建が538年と1400年以上も前
鎌倉市に現存する中で一番古い神社だそうです

tsu.jpg
この「龍口明神社」の周囲は「藤沢市」ですが
境内の一部が「鎌倉市津」・・・
「津」は「大字」の意があるとか。

上記地図の鎌倉市側に「津」という地名が
幾つかありますが、そこの「飛び地」だそうです。
なので、位置的には「藤沢市」ですが、「鎌倉市」で
一番古い神社・・・という解釈になるのだとか

koshigoe.jpg
「北鎌倉」駅からの歩行距離・・・約9400m
(施設内の散策距離も含みます)
(山間部の道のりはヤマレコのデーターを参考にしています)

つづく
関連記事

2014.04.05 


Secret