サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「碓氷峠鉄道文化むらへ」のトップ記事は
こちら

20230212120522a2.jpg
20230212120522
塗装も奇麗で、状態も良い感じです・・・「EF60形500番台」直流電気機関車

0番台は、高速貨物列車用で、この500番台は寝台特急列車用
14両製造された内、501号機は1963年の製造

前照灯は1つ目玉で台形の枠に納められたタイプ

512号機以降の3両はシールドビーム2灯タイプに変更等と
外見の違いがあるようです
20230212123646a2.jpg
20230212123646
機械室がある側面に大窓が設けている直流電気機関車は
このEF60形が最後のようです
(このEF60形も1964年以降製造分は、窓が廃止されています)

20230212124107a2.jpg
20230212124107
1965年に「EF65形500番台」が登場

ブルートレイン牽引は2年の短期間で終了
と、言う事は西鹿児島へ「はやぶさ」で行った時、大分からの「みずほ」に乗った時は
「EF60形」牽引だったようです(ずっとEF65形だと思っていました)

20230212124125a2.jpg
20230212124125
「汽車会社」表記も懐かしいです

20230212124151a2.jpg
20230212124151
意外と広々とした運転台

貫通扉が無いと、隙間風も入らなかったのでしょうか

20230212120630a2.jpg
20230212120630
ブルトレ牽引の仕事を失う要因となった「EF65形」と並べた解説板・・・。

モーターが同じで、出力も同じ
最高速度の違いは、ブレーキ能力で最高速度を引き上げられなかったからでしょうか?

20230212120713a2.jpg
20230212120713
その「EF65形500番台」

外板に錆の発生、塗装の劣化が始まっていますね
先にアップした「キニ58」の次に補修を急いだ方が良さそう(人気車種ですし)

20230212124204a2.jpg
20230212124204
運転室は、まとまっている感じ

先の「EF60形」の運転台の天井照明は後から付けたように
配線が露出していましたが、こちらはすっきり収納されています

20230212124230a2.jpg
20230212124230
「520号機」は、高速貨物牽引用・・・「F形」と分類(Freight)

尾灯の上下の塗装が剥がれてしまっていますね

本来は屋内展示か屋根等の覆いがあると良いのでしょうが
青空や周囲の山並みと共に見える姿も捨てがたく・・・難しいところですね

20230212123100a2.jpg
20230212123100
人気が高い「EF58形」直流電気機関車・・・ですが
屋根上にブルーシートがかけられています

天井部分に腐食が発生しているのでしょうか
パンタグラフも外されているような・・・

20230212123117a2.jpg
20230212123117
「EF58形172号機」

かつて「お召し列車」牽引も・・・
人気高い車両のようですし、こちらも早急な整備が必要なのかも

20230212122155a2.jpg
20230212122155
展示されている「EF58形」ですが、現在、全車廃車ではなく
1両だけ(EF58形61号機)、都内の「尾久車両センター」に籍を置いているそうです
(配置は、埼玉県大宮市の「鉄道博物館」内)

「EF58形」では、デッキ付きタイプも存在していたそうです(初期型)

20230212121910a2.jpg
20230212121910
「EF58形」と並んだ
ステンレス車体の電気機関車は「EF30形」交直流電気機関車

銀色のステンレス車体が目立ちますが、こちらは塩害対策のため
・・・運用区間に「関門トンネル」があり、海水による錆対策で
すでに「EF10形」のステンレス仕様車も登場していました

20230212121221a2.jpg
20230212121221
「F級」(動輪が6軸)なのですが、
他の「F級」に比べてこじんまりとした印象がありました

実際、「EF81形」交直流電気機関車の車体長は18.6m
一方、「EF30形」交直流電気機関車の車体長は16.56m
(試作1号機は17.86m)

実際、やはり、短い車体長でした

20230212121205a2.jpg
20230212121205
かつて、関門海峡を通過する旅客・貨物列車は全て、この電気機関車の牽引

1986年、後継機の「EF81形400番台」が登場し、1987年引退・・・となったそうです
訪問日:2023年02月12日
つづく
関連記事

2023.02.26 


Secret