サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「雪見と「ひだ」の旅」のトップ記事は
こちら

20230225110028a2.jpg

20230225110028
結局、「リニア・鉄道館」の滞在は1時間ほどでした

昨年8月に、孫たちとさいたま市の「鉄道博物館」、
昨年9月に、「京都鉄道博物館」、そして先月、「碓氷峠鉄道文化むら」

ちょっと鉄道車両の展示見学が続いていたので
若干、気持ち的にワクワク感も乏しかったかも・・・

背後に見える「名港中央大橋」、
今まで遠くからしか見た事が無かった橋でした
間近・・・それも橋の下をくぐって、感慨無量です
101206g2.jpg
101206
2010年冬、名古屋港を訪れた時(名古屋港水族館の近くです)

遠くに見える橋が「名港中央大橋」


20230225110946a2.jpg

20230225110946
「金城ふ頭」駅に列車がやってきました

運転台窓下に「5」の数字・・・往路に乗った車両には「4」と表示
やはり編成番号なのでしょうか

20230225111441a2.jpg

20230225111441
「リニア・鉄道館」
手前側がエントランス、その先が暗い展示ホール、
その奥が8本の線路が並んだ展示ルームでした

車両を収容した建物なので、やはりデカいです

20230225111459a2.jpg

20230225111459
屋外展示の「N700」3両

その横にスペースが空いています
いずれ展示車両を増やす事を見込んでいるのでしょうか

20230225111526a2.jpg

20230225111526
長さ1170mの「名港中央大橋」、
その先に長さ700mの「名港東大橋」が見えます

手前側には、長さ758mの「名港西大橋」があるそうです

3橋合わせて「名港トリトン」と呼ばれるそうです
「トリトン」って、昔、TVアニメがあったような・・・

20230225114059a2.jpg

20230225114059
終点「名古屋」駅のひとつ手前で寄り道・・・時間が一杯あるもので


往路で見た、車庫の近くの駅「ささしまライブ」
その駅から対岸に繋がる長い陸橋

もしかしたら、あの上からならよく見えるので?と思ったのですが
アクリル板?で覆われていて、撮るには不向きでした

この長い橋の下を、近鉄名古屋線、関西本線、あおなみ線が通ります

昨今はトレインビューで人気の場所があちこちにありますね
都内ですと、「日暮里」駅のが有名

見易くすれば、ここも人気スポットになりそうですが・・・。

20230225114242a2.jpg

20230225114242
あのビル群の下が「名古屋」駅

時間が有り余っているので、歩くか・・・と一瞬、考えました

20230225114607a2.jpg

20230225114607
橋から下りて、線路際を探して・・・

留まっていました、「HC85系」と「キハ85系」

20230225114643a2.jpg
20230225114643
側面を見ると、運転室と客室の間がかなり広いですね
機械室になっているのでしょうか

奥の先代は乗務員扉のすぐ後ろに客室・・・ひとつの売りになっていたのだし、
新型でも前面展望は継続して欲しかったです

訪問日:2023年02月25~26日
つづく
関連記事

2023.03.16 


Secret