サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「雪見と「ひだ」の旅」のトップ記事は
こちら

20230225131341a2.jpg
20230225131341
「名古屋駅」まで戻ってきました

乗車する特急「ひだ」の発車時刻まであと1時間半有ります

どこか行くには中途半端・・・駅周辺で時間を潰す事にします

駅前のこの「大名古屋ビルヂング」・・・
よく名古屋を訪れた頃は、平たい横長の建物でした

それが2012年頃から解体が始まり、一時はフェンスに囲まれた様子を見ました

そして、以前の平たいビルの面影を残す下層階の上にドーンと
・・・地上34階建ての高層ビルとなり、既存の高層ビルに仲間入り

明るい時間帯に青空の下、マジマジと見たのは初めてかも

名古屋駅桜通口の交差点を高層ビルがグルリと囲んでいます
20230225135122a2.jpg
20230225135122
地下街を歩いたり、ビックカメラに立ち寄ったりして・・・発車60分前
ホームに上がってきて、まずは「きしめん」

ホームによって、味の違いが有るとか噂もあるようですが
「ひだ」、「しなの」に乗車する時、いつもお世話になっている店舗です

20230225135708a2.jpg
20230225135708
今回は「山菜きしめん」(520円)にしました
削り節の下には油揚げが入っています

山菜入りが好きで、「山菜」がメニューにあると、頼んじゃったりしています

2021年12月に「ひだ」乗車時もここで「山菜きしめん」を食べていました


20230225141226a2.jpg
20230225141226
到着を待つ間・・・「回送列車が入ってきます」とアナウンス

旅客列車かと思ったら、珍しい車両がディーゼル機関車に牽かれてきました

20230225141229a2.jpg
20230225141229
JR東海の「キヤ97系」と言うレール運搬用の気動車

東海道本線の「稲沢駅」と名古屋港線の「名古屋港駅」を定期的に
行き来しているそうです(地元の方には見慣れた風景だったのですね)

その際、名古屋港線はJR貨物の路線のため、所属会社が異なり
自走が出来ず、JR貨物のディーゼル機関車の牽引になっているそうです

20230225141244a2.jpg
20230225141244
編成後尾には後尾標識灯を付けています

本来なら、キヤ97系の尾灯を灯せば良いのですが
牽引されている間は貨車扱いなので電源オンが出来ないっぽい

20230225142610a2.jpg
20230225142610
後部標識灯がカバーで覆われて、前照灯が灯されました

管轄下の東海道本線を自走で「稲沢駅」に向かうようです

20230225142624a2.jpg
20230225142624
この2両編成が4編成、あと13両編成が1編成有るそうです

都内・田端駅近くにもこれに似た線路運搬車が停車しています
JR東日本所属ですが、このJR東海の車両をモデルにしたそうです
(プラス耐寒耐雪装備+αだそうです)

20230225143336a2.jpg
20230225143336
14時33分、あおなみ線の車窓から見えた「名古屋車両区」側から入線

富山行き「ひだ13号」です

訪問日:2023年02月25~26日
つづく
関連記事

2023.03.19 


Secret