20230321104024a2.jpg
20230321104024
孫世代・・・「第3世代」の鉢

最初の2つの鉢と異なり、鉢底が見えますが
睡蓮の鉢には藻がびっしり巻き付いています

この鉢は先に洗浄した物の倍近い容量

水を半分以上、抜いても持ち上がりません

20230321115817a2.jpg
20230321115817
中には18匹、住んでいました

20230321131553a2.jpg
20230321131553
9リットルのバケツと14リットルの水槽を満タンにして
準備していたのですが、この睡蓮鉢では半分にも至らず・・・。

再度、水を貯めて、メダカの放流は明日に変更しました

とりあえず、睡蓮と水草、小石を投入して、今日の作業は終了です

20230321122112a2.jpg
20230321122112
その代わりと言っては何ですが・・・
前々から気になっていた鉢と土の交換を行いました

これは4年前くらいでしょうか・・・
三男夫婦から、カミさんへ「母の日」のプレゼントだったカーネーション

切り花ではなく、鉢植えだったので、花が終わった後
別の鉢に植え替えたところ・・・

それ以降も春と秋、年に2回、花を咲かせて

身内の中では「奇跡のカーネーション」と呼ばれていました

20230321122109a2.jpg
20230321122109
花は咲かせるのですが、土の表面に苔がびっしり

表面が乾いた際、硬くなり、水遣りをしても染みて行かない状況

花は咲いても、草丈自体は伸びず、悪影響を及ぼしている感じでした

20230321122504a2.jpg
20230321122504
茎が木質化してしまったので、折れやすくなっていて・・・
慎重に鉢から外して、苔を剥がしていきます

中の土は極端に硬質化していなかったので、無理に落とす事はせず
一回り大きな鉢に植え替える事にしました

20230321125539a2.jpg
20230321125539
新たに、隙間に培養土を入れて、表面をならして終了です

暖かくなったら、何らかの変化が起きるでしょうか?

撮影日:2023年03月21日
関連記事

2023.03.21 


Secret