サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「雪見の旅「庄川」」のトップ記事は
こちら

20230226085912a2.jpg
20230226085912
間もなく出航です

この遊覧船のコースは2本・・・「大牧温泉コース」と「長崎橋周遊コース」

「大牧温泉コース」は片道30分、この時期は1日4往復
「長崎橋周遊コース」は片道25分、1日2往復

今回は「大牧温泉コース」に乗船します

船着き場には1艘の船が横付けされていて、こちらの船はその船に隣接
右側の船の室内を抜けて、こちらの船に乗船しました

20230226085928a2.jpg
20230226085928
乗務員さんは2名

20230226085938a2.jpg
20230226085938
微速で「小牧港」ターミナルを離れていきます

20230226085953a2.jpg
20230226085953
操舵室の前面両側にバックミラーが備えられています

注意しないと、自分の姿が丸まる、映りこんでしまいます

20230226090018a2.jpg
20230226090018
進行先は雲が拡がっていましたが、後方は青空が見えています

20230226090146a2.jpg
20230226090146
ダム湖なので、流れは無く、揺れも殆ど感じません

正面に見えるのは「八乙女山」?(756m)

20230226090158a2.jpg
20230226090158
左岸側にはロックシェッドが連なっています・・・国道156号線です

20230226090214a2.jpg
20230226090214
国道は一気に崖上へ

20230226090418a2.jpg
20230226090418
右岸側の湖面に突き出した、何か・・・「利賀大橋主塔跡」だそうです

左岸を通る国道156号と右岸側にあった「利賀村」を繋ぐ橋でしたが
火災により使用が出来なくなった・・・そうです

橋の火災って?・・・恐らくですが、当時は木製だったかと思われますが
湖面を渡る風によって、擦れ合って火が起きた・・・らしいです

20230226090545a2.jpg
20230226090545
国道には延々とロックシェッドが続いています

冬季は雪崩対策なのかもしれませんが、険しい崖面なので落石も多かったようです

20230226090615a2.jpg
20230226090615
乗船しているのは私を含めて4名
中華系外国人の男性と年配の夫婦1組です

皆さん、船室にはこもらず、デッキに出て撮影中

この4人というバランスが良かったのでしょう
右前、右後ろ、左後ろ、左前・・・と順番に場所を移動

撮り終えたら、場所を譲っていくというルールが自然に出来ちゃいました

20230226090629a2.jpg
20230226090629
川は適度に蛇行していて、陽当たり、日陰が移り変わります

明るい所では水面が緑色に見えます

20230226toyama14a2.jpg

左岸側の国道156号線は、この先、越中五箇山、白川郷・・・と
合掌造り集落を抜けて行きます

右岸側の国道471号は飛騨高地を抜け、特急「ひだ」の車窓で見えた
「小鳥川」沿いに下り、岐阜県飛騨市に至る酷道です

訪問日:2023年02月25~26日
つづく
関連記事

2023.04.01 


Secret