サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「名車ラストに」のトップ記事は
こちら

20230513143518a2.jpg

20230513143518
「浮島の森」を後にして、一旦、お土産を買いに商店街に向かいます

ここ「新宮」界隈ですと
名物としては「生まぐろ」、「めはり寿司」、「熊野牛」等々だそうですが
日持ちする物ですと、検索上位に出ていたのが「香梅堂」さんの「鈴焼」・・・と。

写真を見ると、嵩張らない感じで賞味期限も常温で1週間ほど

ここ「浮島の森」からは北西方面に約400mと、歩いて行ける範囲なので向かってみます

20230513144140a2.jpg
20230513144140
持参した縮尺の小さな地図だと、
この商店街にあるようなのですが見つかりません

アーケードで覆われた商店街ですが、閑散としていて
開店しているお店も僅か

土曜日のお昼過ぎですが、人が出るのは夕方からなのでしょうか

20230513145021a2.jpg

20230513145021
スマホの地図で調べてみると、お店は国道沿いでした

地図には「混雑しています」との表示が・・・。

店頭の様子はそうでも無さそうですが、隣接した駐車場はかなりの混み具合

売り場はあまり広くないのですが、お客さんが10名ほど居て
軽い密集って感じです

買うのは「鈴焼」と決めていたので、商品を見つけすぐに精算

他のお客さんは全然、違う物を買っていて・・・
あちらの方が人気だったのかな?と後で気になりました

お店のHPはこちら

20230513145333a2.jpg

20230513145333
時折、昔ながらの家並みが・・・。

新宮での散策地は3か所、考えていました

最初の、挫折した「神倉神社」、そして先ほどの「浮島の森」、
もうひとつは「新宮城跡」

すぐそばに世界遺産の「熊野速玉大社」がありましたが
以前、巡ったので今回は外しました

20230513145628a2.jpg

20230513145628
「香梅堂」さんからは、熊野川に並行する形で、南東に向かいます

小高い丘の上に、石垣が見えてきました

スマホの地図を見ると、車道を左に折れた、この先の熊野川近くから入れるみたい

「新宮城」は明治時代の廃城令で天守は取り壊されて
現在は天守台や石塁が残されているそうです

20230513145655a2.jpg

20230513145655
途中・・・商店街ではあまり人の姿を見かけなかったのですが
ここには結構、出入りが・・・駐車している車も多いですね

「丹鶴ホール」との表示

文化ホール、図書館、「熊野」学センターがあるそうです
文化ホールは1142名収容可能とかなり大きい施設

ちなみに、この翌週21日には、「南こうせつ」さんの
コンサートがスケジュールされていました

20230513145910a2.jpg

20230513145910
最初に折れた道は間違いでした

再び、車道に戻り、先へ進むと、お城っぽい石壁が続きます

20230513145949a2.jpg

20230513145949
「新宮城跡」・・・お城によくある、〇〇門という表示は無いみたいです
(掲示はありませんが「冠木門」と命名されているとか)

ただ、ここで、ポツリ、ポツリと・・・遅れましたが、予報通り、雨が。

目の前には、階段が続いていて、どうしようか迷います

20230514a10a2.jpg

あの「神倉神社」と比べれば、きちんと整備された階段みたいですが
晴天時より滑りやすいの当たり前

でも、樹々に覆われていますし、行ける範囲まで上がってみる事にしました

訪問日:2023年05月13~14日
つづく
関連記事

2023.05.29 


Secret