サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、〇〇は別写真等にリンクさせています
「避暑に」のトップ記事はこちら

20230725133950a2.jpg

20230725133950
JR青梅線「奥多摩駅」
往路ではバスの乗り換えに急いだため、駅舎を見る事もなく出発でした

出発のバス停は、駅舎エントランスのすぐ脇だったので
建物の全体像が判らず仕舞でしたが、離れて見るなかなか立派な駅舎ですね

開業は1944年ですが、2019年にリニューアルをしたそうです


20230725134014a2.jpg
20230725134014
乗ってきたバス・・・道幅が狭く、カーブが連続した
「日原街道」用に、中型の車体

20230725134027a2.jpg
20230725134027
エントランスからすぐに改札口・・・照明がお洒落な雰囲気ですね

2階にはカフェがあるようです(土産物店もあるそうです)

20230725134124a2.jpg
20230725134124
ホームに上がってみます

緩やかにカーブを描いたホームです

20230725134231a2.jpg
20230725134231
線路の終端部の先には「奥多摩工業氷川工場」の巨大施設が広がっています

日原地域で採石した「石灰岩」を加工しているそうです

20230725134245a2.jpg
20230725134245
この2番線、現在は行き止まりになっていますが、かつては
石灰石積み込み設備まで繋がっていて、石灰石の輸送を行っていたそうです

20230725134252a2.jpg
20230725134252
現在、石灰石の輸送はダンプカーが担っていて、
線路脇に石灰石の積み込み場が広がっています

20230725134321a2.jpg
20230725134321
この日も頻繁にダンプカーがやってきて、積み込み作業を・・・。

20230725134533a2.jpg
202230725134533
1971年までは「氷川(ひかわ)」という駅名でした

20230725134551a2.jpg
20230725134551
ホームの北側、現在、駐車場ですが、かつては5本の線路が敷かれ
青梅線の回送電車や貨物列車が停車していました

20230725135012a2.jpg
20230725135012
踏切の音が聞こえ、「青梅」方面から列車の姿が・・・。
昼間帯は1時間に1~2本の運転です

訪問日:2023年07月25日
つづく(全17回)
関連記事

2023.08.20 


Secret