サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、〇〇は別写真等にリンクさせています

20230930093630a2.jpg
20230930093630
JR「上野駅」

乗車するのは、10時発の「ひたち7号」・・・割とゆっくりめの出発です

前回、特急「ひたち」を利用したのは、約10ヶ月前の2022年11月
今回の目的地と同じく、「ひたち海浜公園」を訪ねた際でした

秋の「ひたち海浜公園」と言えば、「コキア」が注目されますね

前回の11月という時期は、赤く紅葉したコキアが茶色に移行
夕陽に当たると、金色に輝くと・・・それを見に行きました

今回は、ちょっと迷って
9月上旬なら、緑のもこもこコキア・・・この姿、かなり好きなので

ただ、この時期、体調を崩したり、天気予報がイマイチで訪れる事が出来ませんでした

ならば、と検討するのが、10月中旬頃の紅葉時期
何度か訪れましたが、確かに感動的なシーンです

ただ、春の「ネモフィラ」開花と同様に大混雑します

そうなると、緑のまん丸コキアから紅葉へ移行する、
この時期、海浜公園が企画する「ライトアップ」

夜間のイベントなので、曇天でも影響はないのが◎

今回は「ライトアップ」をメインとして、その前にちょっと
立ち寄り先を加えたプランとしたので、ゆっくりの出発となりました

20230930095838a2.jpg
20230930095838
10時発の「ひたち7号」を選んだ理由はもうひとつ

「上野-水戸」間を65分で走り抜ける特急だから。

同じ「ひたち」でも、70分~78分かかるタイプがあります
折角、特急に乗るのだし、特急らしい走りを楽しみたくて・・・。

ちなみに「上野-水戸」間は117.5kmの距離
「7号」は途中、無停車で65分で走り、平均速度は108.5km/h

都区内にある「北千住駅」近くまではカーブも多く、通勤電車並みの速度ですが
「北千住駅」を通過する頃からは高速運転に・・・。

東京近郊で、最高速度130km/hで運転する在来線は
総武本線の「錦糸町~千葉」、中央本線・篠ノ井線の「八王子~松本」
そして、常磐線の「北千住~日立」

ただし、中央本線の場合、カーブが多く連続130km/h運転は
「甲府駅」を過ぎてからと、小淵沢、塩嶺トンネル等の区間

20230930100339a2.jpg
20230930100339
荷だなに連なる、LEDランプ・・・緑色は購入済み
赤色は、しばらくの間、空席(進むにつれ、黄色に変わるかも)
黄色は、間もなく、購入客が乗車します

ランプ色だけ見ると、70%ほどの乗車率・・・でしょうか

20230930100710a2.jpg
20230930100710
「墨田川」を渡ります

前日の天気予報では、曇り一時雨

お天気に関しては、諦めるしかなく・・・雨の中の散策だけは避けたいですが

20230930103722a2.jpg
20230930103722
お天気が悪いので、諦めていたのですが・・・

「筑波山」の姿が

20230930104517a2.jpg
20230930104517
「土浦」辺りで・・・・名産の「レンコン畑」が広がります
ちょっと青空も・・・

地元の方は慣れているのでしょうが、道路とレンコンが育つ泥地に
柵は無く、不慣れな人だと夜になったら、落ちちゃう可能性も・・・

20230930104524a2.jpg
20230930104524
双耳峰の「筑波山」(877m)

標高は然程ではないのですが、関東平野に立つので存在感があります

20230930110643a2.jpg
20230930110643
「水戸駅」に到着・・・1分遅れです

感覚的には、ずっと100km/h超での運転でしたが、途中、先行列車に
近づいて速度を落とす事が2度ほど・・・その影響でしょうか

あれだけ飛ばしても、遅れるとは・・・定時運転は大変そう

20230930111003a2.jpg
20230930111003
「水戸駅」から、降車する「勝田駅」まで4分の所要時間

乗換えが有るので席を立ち、乗降ドア前で到着を待ちます

必死に飛ばしますが、すでに「勝田駅」到着時刻を過ぎています
「勝田駅」での乗換えの間合い時間が短いので、ちょっと不安・・・

20230930111205a2.jpg
20230930111205
「水戸駅」での乗降に時間がかかり発車が遅れ、
約2分の遅れで「勝田駅」に到着しました

乗り換え時間は7分の予定でしたが、残り5分程です
ただ乗り換えるのなら十分ですが、ここまでICカードで乗車

この後、「ひたちなか海浜鉄道」に乗り換えるのですが
ホームはJRと共通で、通しの乗車券があれば
改札口を出る事無く、乗り換えられます

でも「ひたちなか海浜鉄道」はICカードが使えないので
一旦、改札を出て、精算してからチケットを購入しなくてはなりません

万が一、切符売り場が混雑していたら・・・ヤバいぞ

訪問日:2023年09月30日
つづく
関連記事

2023.10.06 


Secret