サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、〇〇は別写真等にリンクさせています
「久しぶりの海浜公園」のトップ記事はこちら

20230930151045a2.jpg
20230930151045
「ひたちなか海浜鉄道」の「那珂湊駅」に戻ります

「那珂湊駅」では、11分の待ち合わせで「阿字ヶ浦駅」行きに乗車
「阿字ヶ浦駅」では無料送迎バスに乗換えて、
「ひたち海浜公園」の「海浜口」には15時59分に到着します

20230930154123a2.jpg
20230930154123
前の写真を撮ったのが15時10分・・・
時刻表ではあと2分、15時12分にバスが来る筈が・・・

バスがやってくる、この写真を撮ったのは、15時41分でした

20230930154650a2.jpg
20230930154650
駐車場が一杯ですね

バスへの乗車が手間取り、出発は15時46分・・・34分の遅れ

バス停で待つ間、なかなか来ないので、時刻表を間違えたのか何度も確認
・・・でも、合っている(筈)

定刻より15分過ぎても来ないので、バス停に出ていた運行状況のQRコードを読むと
到着予定は15時30分(頃)と

終点「那珂湊駅」で乗り換える列車の待ち合わせは11分
この段階で乗れない事が確定しました

20230930154839a2.jpg
20230930154839
橋を渡って「ひたちなか市」に入ります

待っている間、何度かQRコードを読み込むと、その度、遅れがプラス
路線バスで29分の遅れって、今まで経験した事ありませんでした

20230930155654a2.jpg
20230930155654
15時56分、「那珂湊駅」に到着します
運行ダイヤでは15時20分着なので、36分の遅れ

途中のバス停で外国人の降車客が運賃清算

バス会社独自のICカードを所持していなかったのか
皆さん、現金精算(両替もあって、一人当たりの時間が長引きます)

共通しているICカード(Suica、PASMO等)利用が出来れば、
多少は違う状況だったのでは?と、どうしても思ってしまいますね

20230930160507a2.jpg
20230930160507
駅待合室には沢山のお客さん

水族館からのお客は少なかったので、お魚市場からの方?
中には(氷入り?)発泡スチロールの箱を所持している方も・・・。

改札が開いて、ホームへ
「ひたちなか海浜鉄道」では有名な駅名表示です

20230930160538a2.jpg
20230930160538
乗車するのは、予定していた列車の一本後(43分、後になります)の、16時14分発

この列車、終点「阿字ヶ浦駅」で「ひたち海浜公園」への無料シャトルバス最終便に接続
この列車に乗り遅れたら、「阿字ヶ浦駅」で途方に暮れる羽目になっていました

20230930160612a2.jpg
20230930160612
「大洗水族館」から「那珂湊駅」まで乗車した路線バスは
「水戸駅」のもっと先「茨大前営業所」という所が始発なのだそうです

通常の運行ダイヤでは1時間10分前後かかる路線バス
市街地を走る路線バス的には長いかも・・・。

20230930160624a2.jpg
20230930160624
でも、やはり30分以上も遅れるとなると、
観光のプランに組み込めなくなりますよね

20230930160657a2.jpg
20230930160657
列車が到着するまでの間・・・駐泊しているディーゼルカーを見学
兵庫県の三木鉄道で運行していた「ミキ300-103」

運転席のパノラマミックウィンドウが特徴のひとつでしょうか

勿論、いまだ現役のようですよ

20230930160951a2.jpg
20230930160951
「阿字ヶ浦駅」発、「勝田駅」行きの列車がやってきました

往路で乗車したディーゼルカー「キハ37100」です
その間、何往復したのでしょう・・・働き者ですね

20230930161027a2.jpg
20230930161027
大勢のお客さんが乗車して満員です

20230930161224a2.jpg
20230930161224
「ミキ300-103」の線路からポイントで渡った
「阿字ヶ浦行き」列車が見えてきました

訪問日:2023年09月30日
つづく
関連記事

2023.10.16 


Secret