20231014140728a2.jpg
20231014140728
5月に購入した「スノーフレーク」

今、花も付き、花が終わった茎には
実のようなものも出来ています

ただ、この「スノーフレーク」は「秋咲きスノーフレーク」との名が
・・・その点、全く気にせずに購入してしまいました

咲いた花、予想していたのと微妙に異なるのです

想定していた「スノーフレーク」にはグリーンのワンポイントが・・・
でも「秋咲きスノーフレーク」はホワイト一色

今回、購入した「スノーフレーク」とは、実際、「別の種」とされているようです
20231014141346a2.jpg
20231014141346
緑の班がある「スノーフレーク」

その華麗な姿を見たくて、球根を購入したのですが・・・デカい
「サフラン」の球根くらいと想定したのですが、これは「ヒヤシンス」、「チューリップ」クラス

花自体も、松葉牡丹くらいのサイズを想像していたのですが
しおりを見ると、草丈25cm~60cm

先日、咲いた「曼殊沙華」が50cmクラスですが、それよりデカくなる可能性が・・・。

大きさを比較する物が近くに無くて、「熊手」です

20231014141635a2.jpg
20231014141635
万が一、60cm台になっても大丈夫っぽい
手元にある鉢では最大級を出してきました

以上は「新人クン」のお話でした

続いて、「ベテランさん」ですが・・・タイトルをどうするか迷いました

語彙力が乏しいもので、適当かどうか

今春、花を付けた「ヒヤシンス

花が終わり、葉も枯れた後、球根を堀上げました
そして、ビニール袋にいれて、冷蔵庫の野菜室で保存

球根の植え時期まで待っていました

決して忘れていた訳ではありません

先日、野菜室のビニール袋を見てみると・・・

20231014142602a2.jpg
20231014142602
中で、こんな状態に・・・

何の知識もないのですが、
てっきり「じっとしている」と思っていたのですが

ほぼ、芽が出てきた「玉ねぎ」状態

これはマズいと、この週末、植える事に・・・

でも、この大きさ、この数・・・を収容出来るプランターって、今、あったっけ?

空いているプランターで深いタイプだと・・・
我が家で最大級のモノしか無くて、致し方なく

20231014142628a2.jpg
20231014142628
まずは「鉢底石」

パックになっていて、再度、使えるタイプ
数年前から利用していて、鉢替えする際、洗って使いまわしが出来ます

ただ、長年、植えっぱなしのプランターの中には
何年もの間、ずっと土の中に居るモノも・・・

20231014144736a2.jpg
20231014144736
培養土の在庫も14リットルタイプが1袋&1/3袋だけ・・・

とても足りないので、
先に土の入れ替えをした「檸檬」の残土をフルイで濾して
更に、種の収穫を終えた「風船かずら」の育成を終了して
その残土もフルイで濾して・・・何とか、ここまで埋まりました

20231014151051a2.jpg
20231014151051
最後に新しい培養土・・・1/3袋を足して終了

発芽していた芽の部分が黄色くなっていたのが、ちょっと心配

うまく育ってくれると良いのですが・・・

撮影日:2023年10月14日
関連記事

2023.10.15 


Secret