サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、〇〇は別写真等にリンクさせています
「久しぶりのバスツアー」のトップ記事は
こちら


20231118095952a2.jpg
20231118095952
客室内と床下部に貨物を搬入作業中・・・
客室内へは、飲食物関係でしょうか

乗務員室窓、パンダのように縁取りされています
これ、「エアバス社」の特徴なのだそうです(ガイドさん談)

野球選手がデイゲームの際、目の下を黒く塗っている事がありますが
アレと同じで、光の反射を抑える効果があるようです
20231118100001a2.jpg
20231118100001
ガイドさん、次々と飛行機の紹介や機体の特徴を説明
ほぼ、言われた通りに撮っています

この主翼の先端部のカーブも機種によって、色々、あるとか・・・。

直覚的に曲げるのも有りましたが、こちらは滑らかなカーブですね

20231118100018a2.jpg
20231118100018
乗務員窓に黒縁が無いので、「ボーイング」社の飛行機?

20231118100040a2.jpg
20231118100040
こちらは「エアバス社」製(多分)

乗務員室の窓って直線的なイメージだったのですが
割と、たれ目なのですね

20231118100118a2.jpg
20231118100118
反対側の座席からのお客さん越しの撮影で、シャッターチャンスを外しまくっています


「エアバスA350」と機体に・・・黄緑色の文字は3号機だそうです
(1号機は赤、2号機はシルバー、4号機以降は通常塗装だそうです)

特殊塗装のエアバスA350を見る事が出来たのはラッキーなのかも

20231118100221a2.jpg
20231118100221
その先には、ブラックフェイスの航空機が・・・

以前、訪れた「展望デッキ」で見た記憶がありました

20231118100246a2.jpg
20231118100246
「スターフライヤー」・・・名前は聞いた事、あります
「羽田空港」からは「北九州」、「福岡」、「山口宇部」、「関西」と結んでいるそうです

この黒い塗装・・・先の真っ白な日航機の理由のひとつに機体温度の上昇が
ありましたが、メーカーと検証をして問題ないとなって、採用されたそうです

20231118haneda03a2.jpg

左側の「第1ターミナル」を北ウィング(上方)から南ウィングに沿って走行します

「南ウィング」側には「スターフライヤー」の黒い機体が見えます

その後、再び「第2ターミナル」側へ・・・

訪問日:2023年11月18日
つづく
関連記事

2023.11.26 


Secret