サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、〇〇は別写真等にリンクさせています
「2023年ラストの乗り鉄」のトップ記事は
こちら


20231202095622a2.jpg
20231202095622
「新潟」行き、「とき57号」が入線します

全ての上越新幹線が、この「E7系」に置き換えられたのですが
まだ、ちょっと慣れないですね(北陸新幹線の電車ってイメージが強くて)

昔の「Max」と比べると、乗車人員は少ないのかもしれませんが、「E2系」時代の
10両編成から12両編成へ・・・多少は混雑緩和になっているのかもしれません
20231202100305a2.jpg
20231202100305
春なら、ピンク色に染まる・・・桜の名所「飛鳥山」

今年は雨で中止になった、お花見・・・来年こそは。

20231202100733a2.jpg
20231202100733
「荒川」を渡って、「翔んで埼玉県」へ

20231202101104a2.jpg
20231202101104
じっと目をこらして・・・見つけました、「富士山」

真っ正面の電柱の奥です

20231202101118a2.jpg
20231202101118
「武蔵浦和」付近では、高架の「武蔵野線」とその連絡線を
さらにその上をオーバークロス

「富士山」は真っ正面です

20231202101530a2.jpg
20231202101530
「大宮駅」に到着

以前は、最高速度110km/hだった、埼玉県の「大宮」以南が130km/hに
アップされたのですが、確かに加速感、走行音で感じられますね

「上野~大宮」間で、1分短縮されたそうです

20231202102924a2.jpg
20231202102924
いきなり、次の停車駅「熊谷」です

後から来る、北陸新幹線「かがやき」に追い抜かれます

ここや、次の「本庄早稲田」駅は、各駅停車タイプ(たにがわ)が
停車するイメージなのですが・・・
「上越新幹線」の運行本数が、1時間に1、2本

厳密に区分けしちゃうと、停車する列車が2時間に1本なんて事に
なりかねないし・・・「とき」は新潟行き、「たにがわ」は「越後湯沢」行きとして
停車駅は、前後の間隔とか状況を見ながら、って事が良いのかもしれませんね

20231202104001a2.jpg
20231202104001
山地が近づいています・・・この辺りは「上武山地」でしょうか?

この辺りから「荒船山」(1423m)が見える場合があるのですが・・・
正面奥の山、頂上部が平なので、もしかしたら?

でも、ちょっと規模が小さい気がしますが

20231202104054a2.jpg
20231202104054
特徴的な「御荷鉾山(みかぼやま)」の姿もくっきりと見えます

左が「東御荷鉾山」(1246m)、右が「西御荷鉾山」(1287m)

20231202104234a2.jpg
20231202104234
「鏑川(かぶらがわ)」でしょうか?

20231202104436a2.jpg
20231202104436
進行方向にチラチラと白い山が・・・「浅間山」(2568m)です

右カーブをした時がシャッターチャンス

さすが、2500m級の山、他の山より一段、高くそびえています

20231202104446a2.jpg
20231202104446
目立ちます、「高崎市役所」(21階建て)・・・背後には「榛名山」の山並み

背後は「新潟県」方面・・・雲が広がっていますね
予報通り、雨?

プチ雪見のつもりだったのですが、この時期にまさかの雨ですと。

訪問日:2023年12月02日
つづく
関連記事

2023.12.08 


Secret