サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、〇〇は別写真等にリンクさせています

20240215174039a2.jpg
20240215174039
「飛騨高山」1泊旅のJRチケット

今回は、JR東海の「冬こそ飛騨路シングル高山」
「新幹線+ひだ号プラン」というパックを利用しました

偶然でしょうか?意識的に、でしょうか
列車の座席の位置、新幹線、在来線それぞれ
往復で異なる窓側になっています
車窓撮り派にとっては、嬉しい配慮?です

往復の列車は任意に設定、宿泊ホテルも候補の中から選択
現地ではフリータイムという内容で、お値段は、3万4660円

普通に購入した場合、片道14890円、往復29780円(のぞみ利用)

ホテルはダブルの部屋をひとり利用
(通常だと、土曜泊、朝食付きでひとり13000円前後)

以前も利用した事があるのですが
「交通機関+宿」の組み合わせプランって、結構、お得な感じ
20240217074808a2.jpg
20240217074808
初日は、夜間のバスツアーをメインにしたので、出発はゆっくりめ

8時18分発の「のぞみ305号」です
でも、「高山駅」到着は13時ですので、約4時間40分かかります

20240217080416a2.jpg
20240217080416
入線してくる前に・・・
手前が新しい「N700S」、奥が「N700A」

ぱっと見た感じ、同じに見えますが
標識灯の形、ブルーの帯の先端部の位置が異なっていますね

20240217080519a2.jpg
20240217080519
入線してきた「のぞみ305号」は・・・古参の「N700a」タイプでした
(N700を改造した車両)

20240217082033a2.jpg
20240217082033
東海道新幹線での朝食と言えば、これまで何度もご紹介した「おむすび弁当」
500mlのお茶とセットでワンコインの500円

それが、今回、セットが無くなり、単品で530円
350mlのお茶と合わせて、670円に・・・結構、ショックです

20240217083933a2.jpg
20240217083933
「新横浜駅」を発車した指定席車の車内

3人席の真ん中が一部、空いているだけで、ほぼ満席

土曜の朝8時台、「のぞみ」だけで9本運転されているのに
利用者が戻ってきた感じですね

20240217090151a2.jpg
20240217090151
いつもは、富士山が見える側の席を取るのですが・・・
送られてきたのは、海側のA席でした

見慣れていない車窓ですが、雲が広がっていて
薄暗いシーンばかり

20240217095427a2.jpg
20240217095427
前回、キハ85系「ひだ」に乗車した際、寄り道した「リニア・鉄道館」への
「あおなみ線」の車両が見えて、まもなく「名古屋駅」に到着です

20240217095613a2.jpg
20240217095613
「名古屋」も雲が広がったお天気

20240217095733a2.jpg
20240217095733
在来線ホーム・・・お隣にはHC85系の「南紀」が停車中
前回、引退間近だった、キハ85系「南紀」では増結車+グリーン車付きの3両編成でしたが
HC85系編成となり、モノクラスの2両に・・・。

20240217095816a2.jpg
20240217095816
車体に記載された「クモハ85-107」

型式の記号「モ」は、「電車」ですが、聞こえてくるのはディーゼルエンジン音

かつては、モーターで走るのは電動車、エンジンで走るのは気動車と
区別が割とはっきりしていましたが、この「HC85系」は、エンジンを廻して発電、
その電気でモーターを動かして走行するので「記号」は電車

一方、先日、長野で乗車した、JR東日本のリゾートビューふるさと」の
「HB-E300系」も、同様なシステムですが、気動車に分類

ちなみに運転士の免許は、電車の免許、気動車の免許どちらでも
運転可能なようで、杓子定規に区別するのも合わなくなってきたのかも。

20240217101152a2.jpg
20240217101152
乗車する「ひだ81号」が入線してきました

「81」という号数ですが、春の臨時列車なのだとか
編成は4両と、短いタイプです

訪問日:2024年02月17~18日
つづく
関連記事

2024.02.26 


Secret