サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、〇〇は別写真等にリンクさせています
「雪見の旅:「ひだ」へ」のトップ記事は
こちら


20240217101155a2.jpg
20240217101155
10時18分発、「高山」行き「ひだ81号」が入線してきました

4両編成で岐阜寄り先頭の1号車はグリーン車、中間2、3号車が普通指定席、
名古屋寄り先頭車(この車両)が普通自由席の構成
先頭車は全て貫通路付きで、「キハ85系」のようなパノラマ展望は無し

編成車両全てが「電動車」(モーター搭載)で「付随車」は存在しないそうです
20240217101914a2.jpg
20240217101914
柔らかな雰囲気の照明、荷棚は半透明で荷物の状況が判ります
普通車の座面は、オレンジ色、肘掛けにコンセントが付いています

名古屋駅から岐阜駅の間は、座席の向きの逆方向に進みます
(20分程と短い間なので、席を回転させない設定です)

ちょっと意外だったのが、新幹線ではA席は海側(進行左側)の席でした
この「ひだ」の場合、高山本線での先頭が1号車だと思っていたので
高山本線内では、進行左側の席がA席だと・・・。
で、送られてきた指定席券がA席だったので、ダム湖が見えるし、
順光の環境で車窓が見えると喜んだのですが、実際は逆

20240217101936a2.jpg
20240217101936
「名古屋駅」を発車・・・構内では複雑な転線があり、ゆっくり

加速を始めると、新幹線と併走となったのですが、やはり最高速度の違いは大きいです
こちらも100km/h位まで加速したのですが、あっという間に引き離されてしまいます

20240217103255a2.jpg
20240217103255
「木曽川」の土手の先にうっすらと、雪を被った山が・・・「伊吹山」(1377m)です

「伊吹山」は東海道本線の東側に位置・・・常識的には進行右側の窓から見るのですが
この辺りでは列車は北東方向に進むので、反対の左側の窓からも見える事に
・・・「左富士」と同じ現象ですね

20240217103306a2.jpg
20240217103306
お天気が回復してきたような・・・

晴天は嬉しいのですが、一応「雪見の旅」と銘打ったプラン

この冬は気温高めで、スキー場も早々に閉める所もあるとか・・・
雪靴を履いてきてて、アスファルトの上だけ歩くのは、悲しい

20240217103427a2.jpg
20240217103427
車両端のドア上の掲示板

新幹線等では、ニュース、天気予報、CMが流れたりしていますが
HC85では走行時のエネルギー供給の様子が表示されています

この時は、ディーゼルエンジンで発電、モーターに供給中

この他には、車載バッテリーからも合わせて供給とか
逆に車載バッテリーに充電中といった表示がありました

20240217104128a2.jpg
20240217104128
「岐阜駅」からは「高山本線」に入ります

向きを変えて発車・・・東海道本線とはお別れです

20240217105458a2.jpg
20240217105458
車内放送で「犬山城が見えてきます」・・・と。

実は、何度か乗車したのですが、「犬山城」を見たのは、1回だけ。

走行中の車窓なので、建物の陰とか見えない状況も多いのですが
一生懸命、眼で追って・・・アレだ!と撮ったのですが、×

この位置から数百メートル、手前の小高い山の上だったようです

20240217105517a2.jpg
20240217105517
単線の「高山本線」

この先、「美濃太田駅」までは平坦な所を走りますが、過去の乗車では
「一線スルー」な駅は少なくて、分岐器箇所では大きく揺れていました

今回の「HC85系」も100km/h前後の速度を出していたのですが
揺れはかなり小さくて・・・線路の改良なのか、車両を改善したのか
判りませんが、乗り心地は格段に良くなった印象です

20240217111226a2.jpg
20240217111226
「飛騨川」が寄り添ってきて、いよいよ「飛騨路」に入ります

交代した「HC85系」の走り・・・
前任の「キハ85系」と最高速度」(120km/h)は変わらないと思いますが
加速時、気動車は車で言う、ギアチェンジ時に一旦、加速が止まります。

しかし、この「HC85系」ではエンジンで発電した電力でモーターを回転
するので、シフトチェンジ的な事も無く、連続して加速・・・走行も滑らかです

一旦、加速がオフになる事もないので、最高速度域を長時間、維持できる?

また、駅停車時には「アイドリングストップ」・・・常時、エンジンを起動しているのと
エンジン起動、停止を繰り返すのと、家庭用とは異なり、大容量な物ですし
どちらがエネルギー消費にメリットがあるのか、判りませんが
駅停車時にエンジン音が無く、シーンとなるのも初めての体験でした

訪問日:2024年02月17~18日
つづく
関連記事

2024.02.27 


Secret