サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます


「E7系とにわか旅」のトップ記事はこちら

松本市の「城山公園」に着きました

140504110031a2.jpg
14.05.04.11:00.31.
展望台に上がります

展望台は約300度のパノラマ・・・
西側を見ると北アルプスの山並みが広がります

雪に覆われた「乗鞍岳」(3026m)
火山で、「日本百名山」、「新日本百名山」に選定

「ライチョウ」の生息でも有名ですね
140504110038a2.jpg
14.05.04.11:00.38.
「大滝山」(2616m)

この山の向こう側は「上高地」

140504110103a2.jpg

14.05.04.11:01.03.
左が「蝶ヶ岳」(2677m)に連なる稜線
「蝶ヶ岳」は春先になると、蝶の雪形が出る事から
名付けられたそうです

右に向かっていくつかのピークを過ぎると
「常念岳」(2857m)に至ります
「常念岳」もとっくりを手にした常念坊の姿が
田植えの時期に現れるそうです

その手前、写真右側の稜線にポコンと出ている尖り
・・・「槍ヶ岳」(3180m)の頂上です

昨夏、信濃大町の鷹狩山の展望台に上がった際、
同じように槍ヶ岳の頂上が見えていたのに気づきませんでした
帰京後、ブログ記事アップ用に山名を調べていたら、
そこから槍ヶ岳が見えるとの情報が・・・
撮った写真(3枚目です)を拡大してみたら、確かに写っていました
「生」の槍が岳をスルーしたのが悔しくって
今回は、ちゃんとチェックしていました

140504110107a2.jpg

14.05.04.11:01.07.
「常念岳」(2857m)
左側稜線上には「槍ヶ岳」

「常念坊」の位置はこちら
この写真は南にズレた位置からなので
判りづらいですがして拡大して頂くと
それっぽい姿が判ります

140504110107b2.jpg
赤枠に「常念坊」が居ます・・・と思う

140504110139a2.jpg

14.05.04.11:01.39.
左から「常念岳」、「横通岳(よことおしだけ)」(2767m)、
その奥に「東天井岳」(2814m)、「大天井岳」(2922m)が連なります

norikura.jpg

140504110158a2.jpg

14.05.04.11:01.58.
更に北方向を見ると・・・
雪をかぶった「燕岳(つばくろだけ)」(2763m)
その隣の積雪がない山は「有明山」(2268m)・・・
台形の山体から「有明富士」とも言われているそうです
その右隣が「東餓鬼岳」(2490m)、「餓鬼岳」(2647m)

140504110252a2.jpg

14.05.04.11:02.52.
更に北へ目を向けると・・・
雪形が猫の耳のような「爺ヶ岳」(2670m)

左の耳の黒く見える部分が「種蒔き爺さん」の姿に
見える所から「爺ヶ岳」の山名となったそうです

その「爺ヶ岳」の右が「双耳峰」の「鹿島槍ヶ岳」
2つの頂上があり、南峰(左)が2889m、北峰が2842m
こちらも雪形があるそうです

140504110252b2.jpg

して拡大して戴くと・・・
「爺ヶ岳」の種蒔き爺さん
「鹿島槍ヶ岳」の「飛び立とうと伸び上がる鶴」、
「駆け下ろうとする獅子」の姿に見えるとか・・・

140504110307a2.jpg

14.05.04.11:03.07.
更に更に北の方角は・・・霞んでしまっていますが
左のゴツゴツした山は「五龍岳」(2814m)
中央左付近の山は「唐松岳」(2696m)
中央右の山は「白馬鑓ヶ岳」(2903m)
その右側が、「白馬岳」(2932m)
多分ですが・・・

shirouma.jpg

つづく
(訪問:2014年5月4、5日)

関連記事

2014.05.19 


Secret