サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

内からの撮影で窓ガラスの反射が
映り込んでいる写真があります

「梅雨半ばの猛暑日に」のトップ記事はこちら

「河口湖」行き快速「山梨富士3号」の車中です

140712095011a2.jpg

14.07.12.09:50.11.
山梨県の「鳥沢」駅を出て「新桂川橋梁」を渡ります

長さ513mと、然程、長くはありませんが
下を流れる桂川から45.4mの高さで、とても見通しの良い鉄橋です

この「山梨富士3号」・・・
快速電車ですが、前がつかえているのか、度々、徐行運転
「高尾~大月」駅の間を普通電車(途中、7駅停車)だと37分
で、この快速電車(途中、2駅停車)で37分、
同じ所要時間です

ま、同じ値段なのだから、文句は言いませんが・・・

140712095845a2.jpg
14.07.12.09:58.45.
09:58、「大月」駅に到着しました

ここでJR線と別れ、富士急行線へ入ります

JRホームは乗車するお客さんで大混雑・・・
この快速「山梨富士3号」は富士急行線内
「田野倉」駅以西は各駅に停車します。
(通過駅はひとつだけ)

前後の普通電車は09:04発と11:00発と、1時間も開くので
この「山梨富士3号」は便利な「普通電車」になるようです

乗降ドアが2つなので乗り降りに時間はかかりますが
特別料金無しで特急型電車に乗車出来るのですから、贅沢~

140712095943a2.jpg

14.07.12.09:59.43.
隣接する「富士急行線大月駅ホーム」には
特急「フジサン特急」が停車中
(こちらは別途、300円の特急料金が必要)

こちら側の先頭は普通の電車ですが、反対側の先頭は
小田急ロマンスカーみたいな展望車になっています
(7月12日からは元小田急ロマンスカーをリニューアルした新型特急もデビュー

140712100016a2.jpg

14.07.12.10:00.16.
09:59、「大月」駅を発車します

JR線から富士急行線へ連絡線を移動中

「富士急行線」は「大月」駅から「河口湖」駅まで26.6kmと短いですが
標高差が499mと標高差のある山岳路線です
途中、急カーブと急勾配の連続で、結構、ノロノロ運転
最高速度は65km/hだとか・・・。

普通電車で「河口湖駅~大月駅」が、所要時間52分なのですが
「河口湖」駅から高速バスだと、52分で「相模湖」まで行っちゃう・・・
鉄道には不利な路線です

140712100709a2.jpg

14.07.12.10:07.09.
「大月」駅から2つめの「田野倉」駅を過ぎると・・・
見えてきました

140712100913a2.jpg

14.07.12.10:09.13.
10:09、「禾生」駅(標高421m)に到着しました

「禾生」・・・何と、読むのかさっぱり判りませんでした
「かせい」・・・だそうです

「禾」の音読みは「か」、訓読みは「いね」、「のぎ」
稲やわら、穀物の総称・・・だそうです

この地で、「稲」がよく産出されたので
「禾が生まれる」・・・から名付けられたそうです

この「禾生」駅を始め、富士急行線内では3両分しかないホームが多くて
6両編成の電車の場合、3両だけドアを開閉(先頭の運転室で車掌さんが操作中)

fujikyu.jpg
「禾生」駅から歩き出します

つづく
(訪問:2014年7月12日)

関連記事

2014.07.19 


Secret