サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

「東京都の湧水群」のトップ記事はこちら

南沢緑地へ
140927115008a2.jpg

14.09.27.11:50.08.
落合川にかかる「宮下橋」を渡ると
「南沢水辺公園」の石看板が・・・。

事前に地図で見て、「水辺公園」という事で期待してきたのですが
整備工事中なのか、部分的にロープで遮断されたりしています

仕方なく、道に沿って歩きながら眺めるだけ・・・
設置された公衆トイレの脇を抜けて、先に進みました

帰宅してから調べていると
このトイレの照明が「湧水力発電」で発電された電気が
使われているとか・・・
この公園横の用水に「湧水力発電機」を設置してあるそうです

都内初の「湧水力発電」・・・見てみたかったです
140927115550a2.jpg
14.09.27.11:55.50.

「南沢水辺公園」脇を通っていくと
こんもりと緑が広がった地点に出ます

T字状に道が分岐し、その間には神社の鳥居が立っています
その道に沿って、細い流れが・・・
下流では「落合川」に繋がっているようです
(この流れが「南沢水辺公園」を通り、「湧水力発電所」が
設置されているのかもしれません)

140927115612a2.jpg

14.09.27.11:56.12.

鳥居の奥に石段が・・・更にその奥に
本堂が見えます

140927115927a2.jpg

14.09.27.11:59.27.

「南沢氷川神社」
建立は定かではないのですが
在原業平が立ち寄ったという文章が残されているので
平安時代初期には存在したのかもしれません・・・との事です

水湧く地にふさわしく、「湧水」の守護神として
祀られているそうです

140927120027a2.jpg

14.09.27.12:00.27.
「南沢氷川神社」の鳥居の前・・・
小さな流れに沿って、雑木林が広がっています

「南沢緑地保全地域」と案内されてる地域
・・・この中に「南沢湧水群」があるとか。
その湧水量は、1日約1万トン。かなりの水量です

140927120100a2.jpg

14.09.27.12:01.00.
雑木林の中へ通ずる道が1本伸びています

道の入口の廻りは住宅街なのですが
この雑木林は奥が見通す事が出来ないくらい密集しています
入っていくのも、ちょっと不安

140927120153a2.jpg

14.09.27.12:01.53.
誰も歩いていない道を50mほど進むと
右側に「東京の名湧水57選」の看板が・・・。

「名湧水」としては「南沢緑地」としてくくられていますが
この緑地の中には湧水地が4か所あり、そのうちのひとつだそうです

ちょっと不思議に感じた事が・・・
手前のロープが歩道を区分けしているのですが・・・
先の方へ、よく花壇と遊歩道を区分けする竹で出来た柵が伸びています
以前は散策路が広がっていたのかな?

140927120145a2.jpg

14.09.27.12:01.45.
遊歩道の右側に音も無く、水が流れています

140927120221a2.jpg

14.09.27.12:02.21.
その先、左側に小さな池が広がっています
ここも湧水場所のようです

密集した樹林の中で、かなり薄暗いのですが
ブレたのは暗さの所為ではありません。
歩みを止めて、カメラを構えようと静止した瞬間に
顔や手、腕にブーンと蚊が大襲来
数秒間の静止も出来ない程・・・

都内ではデング熱騒ぎがあったばかり
この地は新宿からは遠いですが、この地の最寄、小平駅は
西武新宿駅が始発の西武新宿線沿線。
蚊の移動はなくても、刺された人がこの付近に住む可能性も0とは言えません
その人を、この付近の蚊が刺したら・・・

minamisawa3.jpg
この後、更に奥へ進んでみたのですが、
途中でロープが張られてて進めず・・・入口まで逆戻りをしました

人の立ち入りを制限して、緑地を保護しているのかもしれません

歩行距離:約4.0km
つづく
訪問日:2014年9月27日

関連記事

2014.10.08 


Secret