サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1000×750サイズの写真が別に表示されます
花と駅と」のトップ記事はこちら

常磐線に乗ります
150426113237a2.jpg

150426113237
青空が広がる茨城県・JR常磐線「勝田」駅東口です

駅前から真っ直ぐ伸びた道の終端に「ひたち海浜公園」があります
歩いても間違える事はありません・・・もう少し距離が短ければ(約6km)

左の建物が、創作和食「米寿」さんの入る「ホテル テラスイン勝田」
そのホテル前に、公園行きのバス乗り場があります
(公園方面行きのバスが2台、停車しています)
上かつ丼を戴いた「勝田亭」さんは右側の駅前道路に面した所にあります
(2店は、今回のランチ予定のお店でした)

150426113307a2.jpg
150426113307

「勝田」駅改札口前です・・・ピカピカです
と言うのも、
2002年に改装された駅ですが、東日本大震災で「天井落下」の大被害
(掲載された写真は丁度、この位置です)
3週間ほどで、修復されました
また、ずっと行われてきた「駅前再開発工事」の完了も震災の翌春だったとか
・・・進行中だったプランや工事、変更&延期を余儀なくされました

150426114011a2.jpg

150426114011

「水戸」駅発、「いわき」駅行きの普通電車が到着
以前、上野まで来ていた通勤型車両でした
登場当時、トイレが無いと言う事で4編成で製造打ち切りになりましたが、
改造されて現在はトイレを装備・・・それなら最初からと思うのですが

常磐線は茨城県「取手」駅以南は直流電化
以北は、石岡市の地磁気観測所の観測に影響を与えない交流電化
そのため、この車両を始め、勝田から上野へ
直通する電車は交直両用車両になっています

「勝田」駅近くには車両センター(車庫)があって
多くの特急・普通列車の始発・終着駅になっています

150426115238a2.jpg

150426115238

「久慈川」を渡ります
久慈川は鮎釣りで有名ですね

車内には・・・4人位
10両編成が必要なの?と思いますが、
平日は利用者が多いのかもしれません

150426115546a2.jpg

150426115546

「東海」駅から茨城県内の常磐線で最長駅間距離7.4kmを走ります
「久慈川」を渡って、着いた駅・・・
大甕
この界隈の方でなければ、読めないし、書けない気がします
「大甕」の由来はコチラ

150426120316a2.jpg

150426120316

「日立」駅に近づいてくると
時折、車窓に太平洋が見えてきます
港っぽい風景が見えます・・・場所的に「会瀬港」でしょうか

150426120506a2.jpg

150426120506

「勝田」駅から20分ちょっと・・・「日立」駅に着きました
閑散とした感じですが、長い10両編成の電車だし
この辺りにしては降車客は多めでした

ホーム上にガラス張りの駅舎が見えています

150426120711a2.jpg

150426120711

ホームから階段を上がると・・・広々とした構内、大きな窓
その先には太平洋が広がっています

この、駅舎に居ながら海を見渡せる・・・
これが評判になった「駅」なのです

150426120734a2.jpg

150426120734

天井まで伸びる大きな窓から外を見ると
ガラス張りの駅舎が続いています
tokai2015.jpg
訪問日:2015年4月26日
つづく(全12回)
関連記事

2015.05.14 


Secret